外国の方も防災!

防災
10 /05 2013
災害は場所と人を選びません。
今日は外国の人々を対象にした防災講座が開かれました。
2013-10-05a.jpg
(会場準備中です)

日本をはじめとして中国・フィリッピン・ブラジルなど
数か国の方々が参加されました。

2013-10-05b.jpg
(防災講座の様子です)

防災講座
AED操作
応急担架
消化器訓練

それぞれ体験できたようです。
質問コーナーもわずかですがありました。

Q:地震が起きたら最初に何します?
A:昔は火の始末を最優先にしていましたが今は、身の安全確保です、まず頭を守ってくださいね。

Q:カンパンっていったいなんですか?
A:非常用保存食です、5年間保存が一般的です、購入時は新しい物を選んでくださいね。

Q:炊き出しってなんですか?
A:炊き出しとは、災害などの際に飯を炊いて被災者の方々に配る事です。

Q:炊き出しは日本人だけしかもらえませんか?
A:いいえ、旅の途中の外国の人も貰えます。気兼ねなく並んで食糧を貰ってください。

外国の方も災害に備えて、水を用意しているとおっしゃっていました。
災害に無関心ではいられませんね。


有意義な時間を過ごせてもらえたでしょうか?
少しでもご支援できたでしょうか?

日本人にはなじみの言葉でも
外国の人には意味が通じないことがよくわかりました。
私も改めて勉強になりました。
ありがとうございました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ボーサイ

さんさんも主催者側の講師として出席されたのでしょうね~。ご苦労様でした!
若い人の参加が多そうで、洋の東西を問わず災害への懸念が多いのですね~。
日本の優れた対策で、防災もボーサイと世界共通語になれば良いですね。

Re: ボーサイ

心身さん
私はお手伝いをさせてもらいました。(*^^*)

外国の方の目線は、普段気が付かない事ばかりでした。
その立場でないとわからない事があると痛感しました。

機会があればまた参加したいと思います。

お疲れ様でした。

まぁ色々ドタバタしてましたけど。

外国の方にも防災意識が広がればいいなぁと思います。

Re: タイトルなし

むつみさん
コメントありがとうございます。

ともて楽しいひと時を過ごせました。(*^^*)

言葉のわからない外国の方も回数を重ねて行けば、
防災意識が徐々に育つのではないかしら?なんて考えています。
また来年参加したいです。
その時はよろしくお願いしますね。(^^)

san .i

ご訪問頂きありがとうございます。

山登りなどの自然との触れ合い。
ボランティア活動の事。
そして何気ない毎日の事をつらつらと書いています。毎日、自然体で過ごせたらいいなと願っています。

どうぞよろしくお願いします。

”ちゃものしっぽ”

嬉しい時くるくるしっぽを回し振りながら駆け寄ってきてくれた、以前飼っていた愛犬のしぐさが由来です。