自作オイルランプ

防災教室へ行って来ました。
この地域は防災意識が高くて
さまざまなところで防災教室が開かれています。

防災士ホヤホヤの私は勉強かねてお手伝いしてきました。

・新聞紙でスリッパ作り
・A4の用紙とひもで簡易マスクつくり
・シーチキンでオイルランプつくり(これは模範を見ていただけでした)

ロープワークの実践では

・もやい結び(絶対ほどけないので命綱の時)
・本結び(三角巾などの結び方)
・バタフライノット(縄梯子を作る時)の3種類でした。

皆さんに知って貰いたい事ばかりです。
その中でも、本当にできるの?と半信半疑な
シーチキンでオイルランプを自分でやってみました。
友人に話したところ、シーチキン以外はできないの?と言われました。
そりゃそうです。(ゴモットモ)

早速近所のスーパーへ行って、プライベートブランド(PB)の
カツオオイル缶を買って実験しました。
2013-03-31a.jpg

用意するもの
釘・金槌・ティッシュ・マッチ(ライター)・缶詰(オイル漬け)

2013-03-31b.jpg

釘で2~3ケ所穴をあけます。
(幾つかにすることで、オイルが無くなっても次の穴を使う事が出来ます)
ティッシュでコヨリをつくって、穴に入れます。
(この時、オイルが一番上まで染みてくる前に火をつけるとつきやすいです)
(コヨリの芯はあまり長くしないほうが成功率が高かったです、缶から5㎜ほど出るくらいがいいようです)

2013-03-31c.jpg

出来ました!
非常時の灯り!
ローソクよりも安定感あります。
(お皿などで念のため受け皿を用意してください) ← 忘れてしまいました。(T T)

2013-03-31d.jpg


火が付いたら、金属のザルをさかさまにしてゴトク代わりにしますと
缶コーヒーなどを温める事が出来ます。

今晩のおかずにこの缶を使います。
メニューは・・・・その時に考えます。


シーチキンは5月に値上げするそうです。
今のうちに非常食兼ねて、買っておき備蓄するのも一つの手ですね。
でもね高いブランドじゃなくてもオイル漬けの缶ならできましたので
安いものでもいいと思います。
もちろん、どちらも美味しく食べられます。

非常用袋の中に、釘と金槌とティッシュとオイル缶。
是非入れてくださいね。

スポンサーサイト
コメント

明瞭!!

簡潔明瞭な作り方レシピを有難うございます。。
ホントにこれなら手軽に誰でも出来そうです!
後は点燈してる時間の把握ですね~

Re: 明瞭!!

心身さん
そうですね、私は30分から数時間と聞いています。
缶の穴をいくつかにしないのも、オイルを最後まで使えるようにと考えられた結果のようです。
最後まで使えると時間も延びますものね~。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する