7月の伊吹山

夏の伊吹山はお花畑、色とりどりでとてもきれいと言われます。
6月に2度登った、あれ以来登っていない・・・・
しかも二回目は雨の登山で頂上の視界は3m?・5m?トイレの建物を探すのも感覚でした。
お花畑を楽しむことはもちろん無理、「雨の登山を体験できてよしとしましょう。」こんな登山でした。
前回、天気予報を念入りにチェックしても外れたのです。
山の天気は予報はあくまでも予報という事で更に念入りに準備しました。

では、お花畑の伊吹山へGO!
夏休みに入って初めての月曜日、家族連れがおおいかな?と思ったけれどそうでもなく静かな登山となりました。

2013-07-22a.jpg
2合目までのゲレンデにはルドベキアが咲き乱れていました。
植物ガイドには出ていなかったのですが、ちょっとしたボーナスを頂いた気分になりました。

2013-07-22aa.jpg
ガスが出てきてちょっと不安・・・・。

3合目でガスが出てきました(前回より視界はいいのですが)
今より酷くなったら中止にしようと決め、先へ行くことにしました。
ここのユウスゲは満開まであと少しかかりそうですが
綺麗に咲いていました。結集する力を見た気がします。

5合目ここには自動販売機があります。
今日は蒸し暑い日になり、多めに持ってきた水が残りわずかです。(念入りに準備たはずなのに)
自販機には水は置いてなかったのですがなんと、お店が開いています。
(いつもしまっていて、お店だと気が付かなかったです)
店の中に水がありましたのでさっそく補給します。

6合目から7合目あたりでいつも思うのです。
今日は頂上へ行けるかな~?
帰宅時間を考えると、このあたりで下山かな?
それでもいいから行けるところまで行くと思い登山を続けると、いつの間にか頂上だったという事が多いです。

2013-07-22i.jpg
8合目付近のカラマツソウ

2013-07-22g.jpg
岩場のイブキジャコウソウ(匂いを楽しみ事をしませんでした残念~!)

2013-07-22k.jpg
ガスに濡れたシュロソウ

頂上は風が強くガスは薄くなっているようです。でも琵琶湖は見えません(残念~)
それでもシシウド・キバナカワラマツ・トモエソウ・シモツケソウ・キヌタソウ・メタカラコウ・カワラナデシコ・オオバギボウシなどお花は十分楽しめました。

2013-07-22s.jpg
頂上のお花畑(イブキトラノオとキンバイソウ)

2013-07-22t.jpg
クガイソウとフウロ

2013-07-22l.jpg
イブキフウロ 可愛いです。

風に吹かれても咲く山頂の花に生きる力を貰います。
「あるがままそのままでいいよ」花々が話しかけてくれているような・・・そんな気になって、自己満足の瞬間です。



さて・・・下山開始です。
慌てず、急がず慎重に下りないと。

7合目あたりから視界が広がり、お日様が出てきました。
蒸し暑さに日差しも加わりました。

2013-07-22u.jpg
陽ざしの中で見るシュロソウ

2013-07-22z.jpg
すっかり晴れ上がった5合目

2013-07-22v.jpg
3合目のユウスゲの群生 青空に似合います。

花の写真を撮りながら
上野口8:20分スタート
5合目10:00
頂上12:25分
登り4時間05分

下山13:50分
5合目15:00分
上野口16:20分
下り2時間30分

写真を撮りながら楽しんで登った分の時間が増えましたが、楽しい登山でした。

それにしても…皆さん早いです。(羨ましいほどのタフさです)
写真を撮っても4時間以内に登れたらなぁと思います。もう少し脚力を付けないといけませんね~。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する