自然から頂くもの

防災
07 /31 2017
2017-07-31
昨日の養老小学校に続いて、今日は春日小学校へ行って来ました。



この地域は、天空の茶畑.岐阜のマチュピチュ…と言われています。
防災を考えると、風光明媚な地域には考えなければならないことがたくさんあります。
勿論どの地域でもそれは同じですが、その地域にあった防災を考えることで防災力が一段上がるのではないかと考えてています。
雨・土砂災害・雪など気象で、ある程度予測できる場合は、
「逃げ時が命を守る」と考え、早めの避難行動を心掛けて頂くことが大切です。

皆さんわかっているのに、早めの避難行動がなかなか実現できないのが現状です。


今日は発災後の避難所について、先生方が真剣に取り組まれた2時間でした。
秋は子供たちが、地域の危険を再発見する予定とうかがいました。
こうした取り組みが積み重なり、地域の防災力が上がりるといいですね・・・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

san .i

ご訪問頂きありがとうございます。

山登りなどの自然との触れ合い。
ボランティア活動の事。
そして何気ない毎日の事をつらつらと書いています。毎日、自然体で過ごせたらいいなと願っています。

どうぞよろしくお願いします。

”ちゃものしっぽ”

嬉しい時くるくるしっぽを回し振りながら駆け寄ってきてくれた、以前飼っていた愛犬のしぐさが由来です。