出来ることないかな

ボランティア
04 /28 2016
今年の4月は忘れられない4月になりそうです。

熊本地震は私のちっぽけな想定を超えて、震度7が二回という厳しい現実がありました。
自然災害はいつも厳しく人に襲ってくる。
どんなに防災を学んでも、減災を考えても、それを超える自然災害

繰り返されるなかで、なんとか被害を小さくすることはできないだろうか
災害から学び、被災された方々の声に耳を傾け
今起きている現実の辛さを少しでも緩和できないのだろうか

災害時要配慮者の方々は今回も、やはり弱者となっているようです。

福祉避難所に、近所の方が避難され要配慮者の方が入れない。
でも、ご近所の方もそこ以外行くところがない・・・
子どもの声がうるさいと言われるから避難所にいられない
赤ちゃん・妊婦さん・介護の必要な方・病気の方々・・・

発災から2週間が経ちます。
ライフラインが回復しつつあり、日を追うごとに復旧していくようになることでしょうね。
でも、見えるところはそうだけれど、見えていないところは?

東日本大震災でみたあの光景は
世紀末の映画も、破壊された近未来の映画も、きれいごと
現実はあんなものじゃなかった。

少しでも役に立ちたいと一生懸命学び防災士になり
少しずつ経験を積んだけれど…今の自分に何ができるだろう

結局無力なのだろうか。
もう少し落ち着いたころ何かできるのだろうか・・・・

東日本大震災の時何度も行った気仙沼市唐桑町。
仮設住宅に住んでおられた方々と交流を深めています。

今日電話で話をすることが出来ました。
「お元気ですか?」という問いかけに
柔らかいお声で、「はい~、元気です~」いつものトーンです。
心がほっこりします。
2016-04-28a.jpg
仮設住宅で作られていたストラップ(ハートの形にしてみたよ)

私の近くの町の方々から注文を頂いたので頼んでいたのです。
明日届くそうです。

仮設住宅を出られて、復興支援住宅に住みながらお仲間と作ってくださいました。
ストラップ紹介は、この先も細く長く続けていくことになるでしょう。

熊本地震も何かできないかな・・・・
私にできることないかな・・・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

いつもそのことを思っている人と、思っていない人とでは、災害のときでもそうじゃなくてもいつか必ずちからになれる時が来ると思っています。

いつも、そのことを考えていないと気が付かないことが必ずあると思っていますから ^^

Re: No title

ユミさん、今はまだダメだけど、今だ!と思う時が来たら行動を起こしたいな~と思っています。
そういう目でいないとね!(*^^*)

san .i

ご訪問頂きありがとうございます。

山登りなどの自然との触れ合い。
ボランティア活動の事。
そして何気ない毎日の事をつらつらと書いています。毎日、自然体で過ごせたらいいなと願っています。

どうぞよろしくお願いします。

”ちゃものしっぽ”

嬉しい時くるくるしっぽを回し振りながら駆け寄ってきてくれた、以前飼っていた愛犬のしぐさが由来です。