震災の風化防止 と 防災の種まき

今度の日曜日は1.17
阪神淡路大震災から21年になろうとしています。
今も語り継がれるあの大きな地震
私自身の教訓としても、決して忘れることはできません。
1月17日は近くの地区でDIGが行われ、その講師役をさせて頂くことになっています。
このタイミングを生かして、しっかりとお伝えできれば!と思っています。

そして・・・・3・11
今年で5年になります。

その年に生まれた子が21歳に・・・5歳に・・・
時間が流れているのですね。

私のボランティア活動の中に、気仙沼市唐桑ストラップの紹介があります。
「置いてもいいですよ」と応えて下さったお店がありました。
隣町の喫茶店「シャロン」さんですが、唐桑ストラップを紹介しに行っていきました。

2016-01-14a.jpg
お話をしている間にお隣に座られたご夫婦が、「どれ!これも何かの縁だ」と言って手に取り買ってくださいました。

あまりの素早さに驚きましたが、とても嬉しいです。
ありがとうございました!!
風化が進む阪神淡路大震災、そして東日本大震災ですが、自分なりにできることをコツコツやろうと思います。
パネルとストラップを用意して置かせていただくことになりました。
皆さんの目に留まるようにディスプレイを考えなくっちゃ!と意気込んでおります。

お店の方に名刺をお渡しして、防災のお話を聞きたいなぁという方がいらしたら
たとえ2~3人でも飛んできますので・・・と女性防災士の会 れんげのPRもしっかりとしてまいりました。

震災の風化防止と防災の種まき
風化防止に一役できて・・・
防災の種がいつか芽が出て花が咲くといいなぁ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する