スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿原めぐり(敦賀市池河内~中見池・滋賀県山室)

梅雨の晴れ間にどこへ行こう?
そういえば、一度行って見たいところがありました。
福井県敦賀市、池河内(いけのこうち)湿原です。
敦賀市には中見池湿原もあります、ここはラムサール条約湿地に登録されています。

それでは(6月1日土曜日) 池河内湿原へGO!
2013-06-01e.jpg

ここは本当に素晴らしい湿原でした。

2013-06-01a.jpg

コウホネが咲いていて
2013-06-01c.jpg

カキツバタの道、サワオグルマの道と変化に富んでいます。
最期は“自然と触れ合うコース”を歩きました。
山登り用の靴を履いていたので安心して歩けます、ついさっき“イノシシ”が通った?と思うような足跡がありました。
2013-06-01-g.jpg
この足跡の正体は???

湿原を見下ろせる頂上に到着。そこで、アサギマダラ2匹?2羽、2頭?飛んでいました。
2013-06-01k.jpg

なんて嬉しい!観察するとナンバーはついていませんでした。
これから北へ向かうのかな?どこへ行くのかな?
約2時間ゆっくり歩いて湿地を堪能しました。

次は中見池湿原です。
ひと山を15分くらい歩いて超えると湿原が広がっています。
池河内湿原とは違い、木々は少ないのですが葦の生える湿地が広がっています。
ここは希少なトンボがたくさん生息しているようです。
2013-06-01l.jpg

アザミと葦がよく似合います。


中見池湿原を1時間ほど楽しんで、次は滋賀県の山室湿原へGO!

山室湿原は帰路の途中にあるはずなのですが見つかりません。
薄暗くなってきました。しかたないので三島池から伊吹山を撮影していったん帰宅。

2013-06-01ll.jpg
三島池から見る伊吹山はいつもと違う顔を見せてくれました。

ネットで調べますが、なかなかヒットしません。
ナビの地図にも載らない、検索してもなかなか出てこない
口コミの湿原のようですが、ようやく見つかりました。(うれし~)

翌日改めて山室湿原へ出発、1時間もしないうちに到着!

ここは荒廃していたのですが、地元の方が湿地としてよみがえらせる活動を始めたところです。
ハッチョウトンボが生息し、今はトキソウが満開でした。
2013-06-01p.jpg
ハッチョウトンボ雄

2013-06-01o.jpg
ハッチョウトンボ雌

2013-06-01m.jpg
トキソウ

もう少ししたらサワギキョウが咲き出しそうです。
湿地がよみがえることで、また次につながっていくことができます。
とても嬉しいことです。

湿原3ケ所それぞれ特徴があり、どれも楽しい時間を過ごせました。
木々を通り抜ける風は気持ちよく(池河内)
葦の原を渡る風は汗を乾かしてくれて(中見池)
ハッチョウトンボの撮影に息を凝らしている頭上から
鶯の声…遠くにヒバリ…あれは何の鳥の声だろう?と考えていると…
新幹線の音が聞こえます。(山室)

新幹線線路に近い山室湿原は、自然と人の利便性との共存を考える場所となりました。
それでも自然の中に身を置くと、時間を忘れてしまいます
その時間が私にとって大切な宝物になります。(実は腕時計忘れて行きました)

これからも四季折々に訪れてみたいと思います。

スポンサーサイト
コメント

湿原とか自然界がこの頃では人間界と非常に近くなってきました。
勿論それは人間が自分達の領土を広げているのですが…
これから先も、自然と人間、ずっと共存出来たらいいですね。

日本の自然美

狭い日本と言いながら、こうした身近にもラムサール条約登録の自然地が有ったり、捨てたものじゃあありませんね~。今後も行動出来る期間は制約されましょぅがあちこちの探索をお楽しみください。
ハッチョウトンボの雄、雌が良く解りましたね~。

自然って最高~~!山に登ってる頃、身勝手な理由付けたました~「Nature calls me」とね・・(笑い)

共存

サンドイッチマンさん
コメントありがとうございます。
人間は貪欲ですね、「もっともっと」と何かを追い求めて
いろいろな世界に踏み込んでいく
そしてバランスが崩れることもあるようです。
上手に共存できれば一番いいのですが・・・・
話し合う事も出来ないので、人間が考えて行動するしかないのでしょうね

Re: 日本の自然美

心身さん
コメントありがとうございます。

ラムサール条約に登録されている、中見池湿原は敦賀駅にかなり近いところにあります。
北陸新幹線が開通するとあの湿原はどうなるのでしょう。
心配することしかできないのですが、気になります。

山室はトンボの写真をたくさん撮ってきました
その中に雄雌がありました、分からないで撮ってきたのですが
嬉しいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/06 09:14)

敦賀市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。