そうだ 伊吹山行こう。

5月21日(火曜日) 天気 快晴

今日は以前から決めていた伊吹山登山の日
前回は電車とバスを乗り継いだけれど、今日は自分の運転で行きます。
ちょっと・・・いえいえ、すごく緊張しています。
登山はいいけれど…帰路の運転が心配 (眠くならないかな?…)

朝8時20分過ぎ、連続小説“あまちゃん”を見てから…出発!
9時に登山口到着、駐車場に車を置いて、9時30分過ぎ登山開始!

相変わらず、1合目までが遠いです

でもギンラン発見!でウキウキ ♪
2013-05-21h.jpg


登山開始時間が遅かったので、後ろは数人いるだけです。
でも、すぐに追い抜かれて私の後ろは・・・

そこには~ただ風が吹いているだけ~ ♪

3合目で早くも小さいおにぎりを食べ、チョコで糖分補給
トイレにお礼のお金を入れて・・・さぁ出発!
このあたりはスキー場だったところなので急斜面なのです、しんど~!!(@@;)

5合目で一休み、ここからは木陰はあまりありません。

6合目あたりの避難所を横目に歩く歩く…
7合目でホオジロが綺麗な声で応援してくれました。
2013-05-21zn.jpg

普段撮ることのできない野鳥なので、必死に撮影しました。(うれしい~!)
8合目の休憩所で12時になりました。おにぎり半分とマーブルチョコで栄養補給。
上を見ると二羽のトンビが輪を描いて・・・がんばれ~と?
2013-05-21zq.jpg

9合目息も絶え絶え・・でもこのあたりからニリンソウが見られます。
「がんばれ、頂上にはご褒美が待っているよ、ニリンソウの群生だよ」すれ違う人が応援してくれました。
「へこたれそうです~」と弱音を吐くと、その人は、「すぐそこが頂上なんだよ」と教えてくれました。

「あらま~。それは頑張らないとね…頑張ります~…フゥフゥ」
“すぐそこ”の頂上目指して「ご褒美…ィ~ ご褒美…ィ~ 」と声に出して登ること数十分、
時間は午後一時ついに頂上に着きました!所要時間3時間半。

すれ違った方のおっしゃる通り!ニリンソウの群生!
2013-05-21zd.jpg

伊吹山のお花畑は何度見てもいいです。
頂上からだと鳶を見下ろせます!疲れも吹き飛ぶ美しさでした。
2013-05-21zr.jpg


帰りはちょっと急ぎながらも、登りに見損なった仙洞草(セントウソウ)を見つけられて
2013-05-21zg.jpgこれが多分仙洞草だと思うのですが…

心は軽く、膝やふくらはぎは重く・・・・。
下山しました。所要時間2時間半

帰りの運転は何の問題もなく、信号にかかることもなく
無事に帰宅できました。

でも、帰宅してびっくり!
玄関のカギはかけてあったけれど、通りに面した窓は開けっ放しでした。
ひぇ~!びっくり!なんてこと!!(またやっちゃった!)危ないですね。

飛びついてくるちゃもとすぐに散歩に出かけたのですが、膝はがくがく腿は痛くて…
この痛みを忘れるには、もう一度伊吹山に登るしかないですか?

しんどくて楽しい一日でした。

伊吹山のお花あれこれです、名前の分かるもの分からないもの難しいですがとても楽しいです。

2013-05-21t.jpg これはツルキジムシロ?
2013-05-21b.jpg これはどんな花が咲くのでしょう?
2013-05-21za.jpgショウジョウバカマ
2013-05-21ww.jpgホソバノアマナ?
2013-05-21z.jpgニリンソウ(きれいですね~)
2013-05-21n.jpgホタルカズラ(青が綺麗です)
2013-05-21l.jpgグミの花
2013-05-21y.jpgヤマエンゴサク
2013-05-21m.jpgヒメウツギ
次に登るときは、どんな姿を見せてくれるかとても楽しみです。









スポンサーサイト
コメント

ヤッホ~♪

入梅前の好季節に快晴にも恵まれた伊吹山登頂!
お疲れ様でした~。。多種多様な高山植物もあそこまで把握されて立派ですね~もう直ぐ植物博士??

マイペースで追い風に励まされながら、植物達との会話を楽しまれた様子が伺えます。登山の為の登山は唯頂きを目指す達成感だけですがこうして楽しまれる登山は良いですね~
さん・さん・さんの行動力とお元気さにパワーを頂きました~~(^O^)

Re: ヤッホ~♪

心身さん
こんにちは
皆さんとても体力があるようで、スイスイ追い越して行かれます。
途中若い女性二人組と話ししたのですが、満開のオドリコソウは目に入っていなかったみたいです。
いろいろな山登りの方法がありますね~
私はじっくりのんびりお花や鳥を探しながらの山登りを楽しみたいと思います。
でも・・・・あんまり抜かれて一人になるとすごく不安になります。(^^;)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する