季節を食する

季節
04 /20 2013
先月は土筆をいただきました。

今月は?はい。

蕗です。

わずかな裏庭に以前いただいた蕗を植えました。
(自給自足の一歩近づくため…?)

その蕗が、日の当たらないジャリジャリの場所でもちゃぁんと育っています。

お隣さんは、裏庭をしっかりとした畑にしています。
消毒もしょっちゅうされます。
反対側のお隣さんは、畑は作っていないですが時折除草剤を使用します。

私は除草剤も消毒もなし
自然に育てて、自分で草むしりをします。

除草剤と消毒液が来る前に、蕗を摘み
早々にいただきました。

葉は苦味もなく美味しくて
茎ももちろん美味しくて
幸せを感じました。フフフン♪

これをちょっと自慢したくて、友人に言いました
「あのね蕗を食べたよ~、葉も佃煮にして美味しかったよ~」
ウキウキして言ったけれど
友人の反応は「地味ね~」でした。

「・・・・・そうかな?」

なんのなんの、次は「ユキノシタ」の天麩羅だ~!
自宅庭のアスパラだ、絹さやだ~
そうそう、頂いた「カツオ菜」も蒔かないとね。

地味でも旬のものは美味しいよ。

2013-04-20.jpg


ほそ~い蕗も見えるけれど十分美味しかったです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

旬便り

太字の文ジャリジャリ?の土壌にも負けないで良くぞ成長してくれましたね!これはさん・さん・さんの目肥料の賜物でしょう~。しかも苦みや灰汁も無くて自足に役立つとは嬉しい便りです。次第に欲が出て、もう少し大きめの希望・・・になると土壌の改良を余儀なくされるかも?でも次々旬の贈りものが顔出してくれたら嬉しいですね~。
あの帽子との再会も今日辺りでしょうか。。。

Re: 旬便り

心身さん
はい、あの帽子と対面できました。
今日は風が強いので被るのをためらってしまいます。(^^;)
手間がかからないようにするのは、もう少し太い蕗がいいのですが・・・
ぜいたくは言えないとおもっています、ありがたくいただきます。

san .i

ご訪問頂きありがとうございます。

山登りなどの自然との触れ合い。
ボランティア活動の事。
そして何気ない毎日の事をつらつらと書いています。毎日、自然体で過ごせたらいいなと願っています。

どうぞよろしくお願いします。

”ちゃものしっぽ”

嬉しい時くるくるしっぽを回し振りながら駆け寄ってきてくれた、以前飼っていた愛犬のしぐさが由来です。