fc2ブログ

1型糖尿病患者と防災

2018-05-02

1型糖尿病になって3年目になります。

発症以前から女性防災士として活動し、学び、弱者に寄り添う防災活動を続けてきましたが、
自分の病気は内心アンテナを高くし、外ではもやもや~としていました。
 先日毎月の診察で、主治医の先生と話しをしました。
糖尿病患者はとても多くいます、そのなかでも1型糖尿病患者として日々体調を見ながら生活している私です。
慣れてくると、それほど大変でもないのですが、インスリンは絶対必要です。
私だからできること・・・・そんな防災を伝えようと改めて思った次第です。

私たち1型糖尿病患者は、普段見た目は何も変わりません。
でも、災害時インスリンを持って出られなかったら・・・・?
1日インスリンを打たない生活になったら?
人によっては命にかかわることもあります。

災害時の食物は、炭水化物(糖質)が高い物が多く、みるみる血糖値は高くなると予想されます。
避難所に行ったとしたら・・・どんなことが想像できるのか
今までの災害で1型の方々はどう生き抜いたのか
落ち着いた時、症状が悪化していて発災前の体に戻れないのではないだろうか

そんな事を自分の経験(患者+防災士)を通して発信できればと思います。
また、同じ病気を持った方々と共有できればとも考えています。
気長にお付き合いいただけたらと思います。

背中を押してくださった、主治医の先生に感謝します。
先生は1型に限らず2型についても話してくださいとおっしゃいます。
通じるものはありますね、2型の方にも応用していただければと思います。

2018050210164714f.jpg
スポンサーサイト