桜満開

2018-03-29
桜が満開です。
みんなが桜の下を散策して、春を喜んでいます。

ちゃもと一緒に遊んだワンコたちも桜の下を楽しんでいました。
ちゃもも空の上から桜を見下ろしているかな~



3月は高知や宮城県、大阪、岐阜県も東農中濃と忙しく動きました。
少しでも防災力が上がるなら忙しく動けることに感謝です。


スポンサーサイト

春日村の茶の実と垂井町の蜂蜜と郡上の水

2018-03-13
垂井町の蜂蜜屋さん「春日養蜂場」の蜜蝋をゲットです。



車のナビは、周辺までしか連れて行ってくれないので迷っちゃったよ。
電話をかけて誘導していただきました(ありがとうございました!手のかかるお客です。)
お店の中はかわいいものがいっぱい!

春日村の茶の実オイル「ぎふ・春日茶の世界 by 春日乃売茶翁」の山田 泰珠さんのところで
茶の実搾油体験させて頂いて、とても使い心地が良かったのです。

数年前に、ステロイド外用薬を使わない選択をして
いろいろ試したのですが、結局なにもしない日々でした。
でも、茶の実オイルに出会って、久しぶりにチャレンジしてみようかな?って試してみたくなりました。

茶の実オイルとエッセンシャルオイルと蜜蝋。私だけのオリジナルです。
症状が少しでも改善できるといいな。

これまではカモミール石鹸でしたが、郡上の水と垂井の蜂蜜で出来た物を購入!
今晩から使ってみよう!ワクワクだ~

7年

2018-03-12

東日本大震災から7年になります。
毎年この時期は東北へ行くのですが、今年は「ちびっこわいわい防災キャンプ」のワンコーナーを依頼され清流の国ぎふ女性防災士会の活動として、お引き受けし頑張りました。



子どもたちは無邪気な中にも真剣で、「難しすぎるんじゃない?」という大人の感想をよそに
みんな、自分なりに受け止めてくれていました。
 命を守るためにできることは、大人も子供も変わりません。
今ある命を災害から守りたいですね。

先日の高知の取り組みを心に置いて、今週末に東北へ行きます。
あれから7年、街も人の意識も変わりつつある東北を
しっかりとみてきたいと思います。

ふきのとう

2018-03-10

裏庭に、ふきのとうが咲いていた。

味噌和えで春を頂いた。

ダイサギが飛んでいく向こう岸は防草シートが張られていて、いつもの土筆が無い。
ちょっとだけ寂しい春です。

高知の思い出

2018-03-09
先日、地区防災計画学会で訪れた高知市で見たこと聞いたこと。
高知駅前の銅像

高知といえばあんぱんまん!

どきんちゃん、しょくぱんまん様と一緒でよかったね

高知城

しだれ梅、梅の香り漂ってます

桂浜~!

オナガドリではないけれど、威勢よく鳴いていました。

よさこいソーラン?見ていて楽しい!

高知といえば、カツオのたたき!これはカツオのたたき丼(おいしかった!)

カプチーノは坂本龍馬でした

こんにゃく寿司(いける!!)

清流の国ぎふ女性防災士会

「清流の国ぎふ女性防災士会」の地元は岐阜県です、会員には自分が住んでいる地元を大切にしながら会の活動もしてもらっています。会で身についた力をそれぞれが地元で生かしてもらいたい、また、逆もあります。
すでに、会の力を必要としない人もいますし、会員が地元で計画をたてたイベントを女性防災士会の活動としてほかの会員が参加する場合もあります。
そんな「清流の国ぎふ女性防災士会」も結成して1年が過ぎました。

明日「地区防災計画学会」のなかで「清流の国ぎふ女性防災士会」の活動を発表させて頂けることになりました。

発表用のスライドを作成していて感じたことは、
会員がそれぞれ地区にある問題を見つけ、実現に向けてそこに住んでいる皆さんの防災力を向上させるための一役を担えるようになりたい。そんなことを感じました。
改めて文字にすると、堅苦しいですね。
でも、それが私たちの進む方向ではないかと思いました。

これはすでに実行している会員、そうじゃない会員と様々ですが、いろいろな人がいてこその「清流の国ぎふ女性防災士会」です。
なにはともあれ、明日、高知県で開催される「地区防災計画学会」で清流の国ぎふ女性防災士会の会長として、皆さんの代表として発表してきます。
 緊張すると、ゆっくりしかしゃべれない私です。制限時間10分内に話せますように。

2018-03-02b.jpg
庭のクリスマスローズが咲きました。春です!