スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループホーム避難訓練(カラー表示)

グループホームの避難訓練に立ち会わせて頂きました。
防火訓練は何度もされている施設ですが、地震を想定した訓練は初めてという事です。
傾聴活動で出入りさせて頂いている「てんじゅ」さんです。

発災!
揺れが止まったら、皆さんに防災頭巾を被せ随時避難
玄関にご近所さんがいらして、入所者さんを引き渡し
ご近所さんが、車いすを押して、または手を引いて庭の広い場所へ避難。
この繰り返し
2016-10-24d.jpg
全員避難で終了(次回は電信柱やフェンスから離れたところへ集まりましょうね)
全員避難までの時間を発表

2016-10-24g.jpg
避難の時は気にならなかったわずかの段差、ホームへ戻る時に気が付きました。
施設の方には何でもないものが、ご近所さんには乗り越えられない段差でした。
訓練やってよかった!

消防署の方・社協の方・防災士の私・自治会長・民生委員・ご近所・家族
たくさんの方が参加されていました。
最後に気が付いたことをそれぞれが発表して、次回につなげる約束をして解散となりました。

私は、介護度を色で表す事を提案しました。
2016-10-24c.jpg
避難されるとき、ご近所さんにお願いするのであれば介護度を色で表せたら
車いすを自分で押したいと思う、介護度の低い方には
そのように対応できるのではないかと感じたのです。
「見やすいところに、透明の袋に色が分かるように表示する。」
これでどのように接したらよいかのヒントになるのではないかという提案です。

おおむね皆さんに快く受け入れて下さいました。
在宅の方にも、このカラー判定(ヒントはトリアージ)を取り入れて頂けたらいいなぁと思いました。

最後は防災倉庫を点検です。
防災倉庫は何かあった時すぐに使えるような収納の仕方が良いのではないかな~と感想をお伝えし帰宅しました。
これから何度も訓練を繰り返し、何かあった時、みんなで助け合って生き残りましょうね。
「てんじゅ」さんの地震避難訓練に立ち会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

昭和の東南海地震(1944)・南海地震(1946)を聴く

防災講座で講師をしている時、「70年前の地震の教訓を生かしている」という言葉がきっかけとなり、今から72年前の東南海地震(M8.0)に遭遇された方のお話を伺うことが出来ました。

2016-10-18a.jpg
地震に2度、水害にも何度も遭ってきた地域 今はのどかな景色です。

1944年 東南海地震
稲を脱穀していた時、突然揺れが襲ってきて、稲もコメも放りだしてとにかく逃げた。
周りの事は覚えていない。怖かった記憶しかない。
1946年 12月21日 南海地震 
結婚したのが10月21日
そのちょうど2か月後に地震が来た。
音がしたわけでもなく、突然大きな揺れが襲った。
家の柱が左右に揺れ折れるのではないかと思った、義妹が必死に玄関の方へ行き開けてくれた、私と姑と大姑はそのおかげで外へ出られた。揺れる家の中を這いつくばって必死に移動した。膝にたくさんの傷がついた。外へでて庭の木にしがみついていたら家がつぶれた。揺れている中でも逃げ出して良かった。

この辺りの瓦の家は全部つぶれた、藁葺の家は仰向けにひっくり返るか、横に傾いていた。
一軒おきに家がつぶれた。
2階建ては危ないという事で、平屋を立てなさいという話が来たけれど、平屋は心配だという事で低めの2階(半二階)の家をたてた。液状化があると思われているこの地域ですが、真下に断層が走っているとご家族の方が話されていました。

数年後、集中豪雨で堤防(揖斐川)が切れた時半二階の家は水没した。
1959年伊勢湾台風で、もう一度家が水没することになった。
船で仏壇や味噌桶を運んで、堤防にバラック小屋をたてて近所の人々と住んでいた。
今でいう仮設住宅だね。もともと池や水溜まりの地域だったから仕方がない・・・・
二度も水に浸かり、再び立て直すことになる。

疲れも感じさせずに、災害との闘い続きの人生をしっかりと話してくださいました。
伺ったお話は貴重な財産です、必ず防災活動に役立てたいと思います。
本当にありがとうございました。

御嶽山

ようやく連続の休みがとれて、行きたかった御嶽山へ行って来ました。
7月に下呂市小坂の滝巡り依頼の山行きです。
忙しさのあまり、歩けていないのに御嶽山は歩けるのか?と思いながらの登山となりました。

2016-10-10a.jpg
 10時にようやくロープウェイに乗れました。

 山頂の方向はガスがかかっていて、景色は期待できないかも・・・と思いながらも、久しぶりに歩く山道は気持ちよかったです。
御嶽山は3連休の最終日なのでもう少し賑わっていてもいいのではないかな?と思いながら前に進みます。
2016-10-10b.jpg
ナナカマドが赤く色づいていました。秋です!
2016-10-10c.jpg
八合目には献花台があり、上がってこられる方々は私も含め皆さん一礼をされていました。
合掌・・・・。
 
 今回は私が全く歩けず、時間も足らなくて9合目までたどり着けませんでした。
それでも、ガスが晴れると御嶽山の神様は最高の絵を私たちに見せてくれました。
その美しさに心から感動、そして感謝しました。
2016-10-10d.jpg
9合目、次はここまで・・・!
2016-10-10e.jpg
女人堂が映えますね。

足を鍛えて、山歩きの体を作ってもう一度御嶽山にチャレンジしたいと思いながら、無理しない楽しい登山!と言い聞かせ下山しました。
9合目まででも山を楽しめることに感謝した一日でした。

詳しくはヤマレコで・・・・
御嶽山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。