敦賀三山、西方ヶ岳(chamoと一緒に故郷を歩こう)

ちゃも
09 /24 2015
2015-09-20(日曜日)
山登りとお墓参とchamoの供養を兼ねて敦賀市の西方ヶ岳へ行ってきました。
2015-09-20a.jpg
常宮神社
2015-09-20aa.jpg
前は敦賀湾
西方ヶ岳は、常宮神社の近くにある山で、
高校の体育授業でタイムトライアルをした山です。
こんな無茶な授業は今はされていないと思います。
体力ある人、脚力のある人は平気な顔してスイスイ登っていましたが、私などはフーフーと登った記憶があります。

2015-09-20bb.jpg
2015-09-20c.jpg
最初はあの鉄塔を目指します。

とはいえ、高校時代などむか~しの事です。
この日はchamoに語り掛けるように、説明しながら一歩一歩登りました。

出だしは階段、ありがたいような困ったような・・・・

2015-09-20ddd.jpg
展望所
2015-09-20e.jpg
展望所からの景色1
2015-09-20ee.jpg
展望所からの景色2

2015-09-20hh.jpg
chamoと一緒に銀命水
2015-09-20hhh.jpg
すごくきれいな水です。

展望所や銀命水など、こんな場所あったのかなぁ~と思いながら歩きました。

2015-09-20llll.jpg
2015-09-20mm.jpg

歩く楽しみ、眺望は避難小屋から先の方(栄螺ケ岳方向)がよさそうです。

2015-09-20mmm.jpg
chamoに敦賀市を見せているつもり・・・・
2015-09-20n.jpg
山頂からちょっと離れたところに三角点がありました。

希望はカモシカ平まで行きたかったのですが・・・・
3時には下山して、お墓参り、それからヨーロッパ軒のカツ丼、エビ丼を予定をに組んであり
時間的に苦しくなったことと、雲息が怪しくなってきたので次のお楽しみに残しておきました。

今年初めて会アサギマダラにえました。
相変わらずきれいな蝶々です。
こちらの想いなど無視して楽しそうに飛び回り
撮影許可はいただけませんでした(残念~)

今回私もオットットも足が攣りました。
chamoが亡くなり、動揺して睡眠不足が続いた中の山登りです、
無理をしてはいけない、山登りは体調を整えないと怖いのだと改めて思いました。

それでも、chamoと一緒に山登り、両親のお墓参り、姉妹にあいさつと充実した一日になりました。
次は体調を整えて、足が攣ることのないようにしなくてはね。

2015-09-20nn.jpg
下山途中に見えた水島


スポンサーサイト

涙の後に

ちゃも
09 /18 2015
昨日は涙雨の一日。

いないchamoをいつの間にか探していた
chamoを火葬してもらい、お骨はしばらく(気の済むまで)傍に置こうと決めた。

chamoを可愛がってくださったMさんがブログを見てお参りして下さいました。
Mさんは家をリフォームしたときにお世話になった担当の方。

訪問して下さるたびに、かまってかまって!!と吠えまくり
撫でてくれるまで離れない!とばかりに足元にまとわりついたのです
その日は次の用事があったのにもかかわらず、思い切り撫でて下さって
chamoは喜んで、満足して・・・。私は恐縮して・・・・
それが最期に家族以外の人から受けた愛情でした。

そのMさんにお参りしていただけて、chamoは本当に幸せ者です。

誰もいない家でchamoの名前を思い切り呼んで
涙を流しながらもう一度叫んで
ちょっと気が済んだ.


今朝、いつもの時間に目が覚めた
どうしようかと思ったけれどchamoの写真を持っていつもの散歩コースを歩いて
最期に小走りした君を思い出したよ
2015-09-18a.jpg
元気だと思ったのにね
2015-09-18b.jpg
気持ちのいい陽射しを感じてくれたかな

夕方も写真のchamoと歩いてきました。
少しは風を感じてくれたかな


来月初めに税務署で、防災士として講座を受け持つことになっているので
今日打ち合わせに行ってきました。
出来上がった資料を見て頂いて、県庁の危機管理部防災課から頂いたリーフレットの説明をして
満足していただけたようで安心しました。
当日は講座をしっかり果たそうと決意を新たにしました。

帰宅すると日本赤十字から連絡があり、あきらめていた指導員講座へ参加できるようです。


時間は動いているねchamo。
落花流水太茫茫(らっかりゅうすいはなはだもうもう)この世に留まるものは一つもない・・・だね

まだまだ涙は流れるけれど、それをなめて励ましてくれる君はいないけど
・・・・・・頑張るよ。

本当はねすごくすごく会いたい・・・・・・・・・・・!
フワフワの君を抱きしめたい!

でも・・・・・これは、かなわないとわかって言う我儘だね。
2015-09-18c.jpg
一年前の君はこんなに元気だったのにね

・・・・・・頑張るよ、見ていてねchamo

君はもういない

ちゃも
09 /16 2015
今から4時間前
私の方へ向かって歩いていたchamoは、くずれるように倒れた。

急いで駆け寄ったけれど息は止まってしまっていた。
一生懸命に名前を呼んで、胸をさすっていると、
突然「はぁ~!!」と大きく息をしたけれど。
それが最後だった。

何度名前を呼んでも応えてくれない。
抱きしめるとまだ体温があるのに、あたたかいのに・・・

朝の散歩は何時も5時過ぎ
太極拳を踊る私を見守りながら、「行くよ~」と振り返る君。
今朝もそうだった
「はいはい」と返事をして傍へ行くと、君は嬉しそうに小走りを始める。

夕方もそうだった。
帰ろうとすると、「こっちの道がいい」とばかりに踏ん張って動かない
ゆっくりだけど30分くらい歩いたのに・・・

突然の別れに泣きながらだけど
準備ができた。

お仏壇の前に君がいる
今晩は私もそこで寝よう。

2月に家族を失った私
体調崩しても何とか踏ん張れたのは君が支えてくれたからだよ
その君がもういない・・・

君が私のそばにいてくれた証に、哀しい日記だけれどつけておこう。
君はいないけれど・・・そこにいると思えるようになるまで
気が済むまで
何度でも君に話しかけよう。

ちゃも!!
chamo!

13歳で突然逝ってしまうなんて
とても悲しいよ。
2015-08-08-l.jpg





再挑戦の冠山(雨とガスとマムシと子熊目撃情報)

登山・アウトドア
09 /15 2015
去年雨と強風のために撤退した冠山へ再び行ってきました。
天気予報は時々雨
雨がお昼に降る予報と、朝に降る予報と二通りありましたが、午後は晴れでした。
晴れ女はどこへ行ったのやら・・・。(加齢とともに去りぬ・・・・ヒュー~)

駐車場に着くと車は3台ありました。
福井県側の通行止め看板を見て、数台の車やバイクが帰って行きました。(残念でしたね)
2015-09-13aaa.jpg
ヤマガラがきれいな声で出迎えてくれました。
駐車場の近く金草岳のほうにトイレがあります。
今回利用させていただきました。
比較的、綺麗です、なによりトイレットペーパーが備えてありました。
使わせていただいたので、感激のあまり次回お礼に持参しようと思いました。

2015-09-13b.jpg
合羽を着て、頂上を目指します。
途中で一人会いました。朝は晴れていて景色も良かったというお話です。
私たちもそのご褒美頂けるといいなぁ~と思いながらお別れしました。

車は3台、もう二人(組)とお会いできるかな~と思っていますと
後ろから来られました。
「反対側の金草岳を登っていると、子熊に出合った!子熊がいるということは親熊もいるので急いで引き返し冠山へ行くことにした」と話されて・・・
「え、え~~~それはびっくりです!」

2015-09-13ccc.jpg
この景色もいいですね~

冠山で合わないといいなぁ・・と願いながら歩き続けました。
2015-09-13d.jpg
今年は豊作だといいなぁ
2015-09-13f.jpg
青いキノコいつ見ても綺麗ですね
2015-09-13h.jpg
雨に濡れる岩場、慎重に!
2015-09-13i.jpg
岩場に咲くリンドウ

雨とガスの中、黙々と歩き、滑りやすい岩場も慎重に一歩一歩登り
ようやくたどり着いた頂上!
2015-09-13j.jpg
ご褒美はガスの中・・・・(ガッカリ)
タ~~~ッチ!!

2015-09-13ii.jpg
このお花に癒されて・・・また登っておいでってことかな?

下山途中に冠平へ寄ると、青空が見えてきた。
2015-09-13k.jpg
2015-09-13mm.jpg
青空が嬉しい!

そうか~、午後から晴れだもんね~。と思っていると
たくさんの方が登ってこられました。
あの岩場混雑するんでしょうね~。

久しぶりの山は気持ちよかった。雨の中の山歩きも楽しかった。
小休憩しながら歩けることに感謝していると、ニョロが見える!

マムシだと相方は言うのです、マムシなら危ないじゃない?
急いで離れましたが、ニョロが動かない・・・・
寒さに乗り越えられなかったのかな・・・

子熊情報と固まったマムシ
秋が深まって、そろそろ冬準備でしょうか。
人間が山奥へ入らせてもらうのだから、ちょびっとだけ歩きやすくさせてもらい
あとは自然のまま受け入れて、そこに生きている動物たちと共生できればいいと思いながら金草岳はあきらめて帰宅しました。

でも久しぶりの山行きは楽しかった!
この次こそ晴れた日に来よう!
2015-09-13ppp.jpg
帰る前に一枚!「またね~」

げんさい楽座

防災
09 /01 2015
岐阜大学で開かれた第一回「げんさい楽座」に参加してきました。
この第一回のためにたくさんの方が何度も協議され
準備に時間を費やされたと聞きます。(ありがとうございました)
2015-08-31a.jpg

岐阜県内の防災士が(一部ですが)岐阜大学に集まり、高木先生のお話を聴いた後
グループ別に話し合い発表するという形です。
2015-08-31b.jpg
1時間半という制限のある中で地域の問題点を真剣に話し合いました。

私が座ったグループは岐阜市・大垣市・可児市・海津市の方々で構成されていました。
問題点はどこも同じだということがよくわかりました。
岐阜県レベルで、防災・減災の事を話し合えることが今までになかったのでとても新鮮でした。
2015-08-31c.jpg
その後あわただしく交流させていただきました。

防災士にとって大切なこと
ネットワークつくりのその一つだともいわれます。
とても有意義な時間を過ごせました。
その場におられました方も、欠席された方々も
みなさんありがとうございました。

san .i

ご訪問頂きありがとうございます。

山登りなどの自然との触れ合い。
ボランティア活動の事。
そして何気ない毎日の事をつらつらと書いています。毎日、自然体で過ごせたらいいなと願っています。

どうぞよろしくお願いします。

”ちゃものしっぽ”

嬉しい時くるくるしっぽを回し振りながら駆け寄ってきてくれた、以前飼っていた愛犬のしぐさが由来です。