耐震工事

リフォームをしています。

我が家は昨年シロアリの餌になりました。
建築した年は旧耐震基準の1981年(昭和56年)以前です。

ため息をついていたのですが・・・・下水がやってくることになり。
清水の舞台から飛び降りるつもりで決断しました。

耐震診断の結果
我が家の数値は0.32 (びっくり~!!)

1.5以上        ◎ 倒壊しない
1.0以上~1.5未満 ○ 一応倒壊しない
0.7以上~1.0未満 △ 倒壊する可能性がある
0.7未満        × 倒壊する可能性が高い
数値はこのように見るのですが・・・

0.32では倒壊する可能性が高いにすっぽりはまります

1.5以上にしようと思うと基礎だけ残すリフォームになるのかな~?

少しでも何とかなればと金具で数値を上げる工事をお願いしました。
この工事が終われば、我が家の数値は0.72で、
倒壊する可能性があるとなります。

手の届く耐震工事、これが精いっぱいです。
でも、リフォームが終わったら、家具は金具で固定しようと思います。

2015-05-27a.jpg
右側の壁に耐震金具が見えます。
2015-05-27b.jpg
金具にズーーム!
2015-05-27c.jpg
金具の上にボードを取り付けると・・・見えなくなります。

耐震はとても費用が掛かります
命には代えられないのですが
出来ることに限界があります。

自分に出来る防災をコツコツとやっていきたいと思います・・・・
スポンサーサイト

揖斐川連合総合水防演習・広域連携防災訓練

5月24日 日曜日
揖斐川連合総合水防演習・広域連携防災訓練に参加してきました。
2015-05-24c.jpg
ずら~っと並んだ消防車!
2015-05-24e.jpg
防災ヘリが出動です。

私たちは「簡易水防工法」を地域の皆さんに作っていただくためのサポート役として参加しました。
2015-05-24aaa.jpg
整列後、作業に入ります。
2015-05-24a.jpg
段ボール箱に、ゴミ袋を重ねた袋に水を入れ連結するもの
2015-05-24b.jpg
水がこぼれないように・・・
2015-05-24aa.jpg
プランターとレジャーシートで作るもの
2015-05-24bb.jpg
この二種類を作成サポートしてきました。

皆さん積極的で、あっという間に出来上がりました。

出番の前後には、いろいろなブースへ出向いて
お話を聞いたり、体験したりと有意義な時間を過ごせました。
2015-05-24n.jpg
まず降雨体験コーナー
2015-05-24o.jpg
120ミリまでボタンがあります。
2015-05-24oooo.jpg
100ミリの足元
2015-05-24oooooo.jpg
120ミリの足元 雨の勢いが違いますね(音がとても大きくて防災無線は聞こえそうにないと思いました)
2015-05-24s.jpg
浸水体験(これは初めてです)
2015-05-24w.jpg
正面から
2015-05-24vv.jpg
ドアの裏には水が・・・・・
2015-05-24u.jpg
浸水30㎝は自分の力でドアを開けられました。
2015-05-24uu.jpg
浸水40㎝は二人がかりでようやくドアが開きました。

水の力は思った以上に力が強かった!
これから台風や梅雨、集中豪雨など様々な場面では早めの避難が大切だということですね。

今日も一日終わりました
2015-05-24z.jpg
また明日から頑張りましょう~。
お疲れさまと微笑むような伊吹山。

気持ちいいね~伊吹山登山

5月17日日曜日
行ってきました伊吹山!私の大好きな伊吹山~♪

今までオットットと一緒に何度か登ったけれど、一度も成功していない同時登頂。
いつも私が先に行き、西ルートを楽しんでいるとオットットはマイペースで登ってきたのですが、
今回は同時に登頂できました!!(ヤッタネ!ウレシイネ~)

朝早く家を出て暑くならないうちにゲレンデを超える!
(できれば6~8合目のお日様ジリジリも避けたい。)

2015-05-17a.jpg
朝6時前の登山口、入山協力金(1人300円)を入れて、登山届出して準備よし!
2015-05-17b.jpg
1合目、空気が澄んでいてとても気持ちがいいです
2015-05-17c.jpg
2合目手前のゲレンデ、新たに道ができていました。ゲレンデの保護かな?
2015-05-17d.jpg
3合目の休憩所まであと一息!目の前に伊吹山がドドーン!
2015-05-17e.jpg
4合目、遠くに青く霊山が見えます。雲がかかっています。
2015-05-17f.jpg
有名な5合目の自販機、これから日影がなくなります。
2015-05-17g.jpg
6号目から7合目の九十九折、霊山の雲が取れてきました。
2015-05-17h.jpg
8合目気持ちいいですね~、この景色独り占めだ~!
(背中で失礼します~)
2015-05-17i.jpg
9合目ここまでくれば、あと一息です。
2015-05-17ii.jpg
山頂はニリンソウが満開でした。
2015-05-17iii.jpg
白のニリンソウ、黄色のコキンバイの競演
2015-05-17j.jpg
三角点 (山頂はヤマトタケルノミコト像です)
2015-05-17k.jpg
再び背中で失礼します。
霊山や御在所の景色にうっとり~のオットットです。

結果、目標通り10時過ぎに頂上に着き、気温の上がる時間は頂上で楽しめました。
頂上に10時というのはとてもうれしい事です

2015-05-17l.jpg
東ルートを歩くことにしました。
2015-05-17m.jpg
濃尾平野が見えるポイントです。

東ルート → 中央ルート → 西ルート二時間かけて歩きました~。

2015-05-17o.jpg
西ルートを楽しんでいると、滋賀県警のヘリが安全登山の啓発をしていました。
2015-05-17n.jpg
この景色大好きです、さぁ下山開始です。
2015-05-17p.jpg
登ってくる人と降りる人が交錯しています。ラッシュラッシュ!!


この日は子どもたちもたくさんあいました。
今まで出会った子供たちで歩いていたのは3歳児が私の中のびっくり年齢ですが
記録更新!この日歩く2歳児に会いました、いやぁ~びっくりしました。
頼もしいですね、どうりで年を取るはずだわ・・・(関係ない?)

久しぶりの伊吹山、
去年までは一人で登りに来ていた伊吹山
花がいっぱい伊吹山。

何度来てもいい山です。
この日初めて一緒に登頂できました、次回は一緒に下山したいと思います。

今回のルートです。

災害時高齢者生活支援講習に参加して

5月11日月曜日
岐阜日赤の講習会に参加してきました。
2015-05-11.jpg

災害が人に及ぼす影響は様々ですが、特に高齢者の場合は
体が不自由だったり、一人暮らしで家族の援助が受けられないことなどがあり
より影響を受けやすいと言われます。

災害が起きたときどのように接するとよいか
気を付けたいことは何かなどをスライドや実践を交えて2時間教えて頂きました。

心のケア
一人にしない
高齢者のペースにあわせてゆっくりと対応する
むやみに励まさない
多くを語らず手を握ることが安心につながることがある

体のケア
生活不活発病にならないように気を付けましょう
生活不活発病とは「動きにくい」ために「動かないでいる」と「動けなくなる」状態で心身の機能が低下することを言います。
そのために出来ることはなるべく自分で行うようにしてもらいましょう。
不自由がないか留意すること(見守る)

季節による影響
冬は低体温に留意する

(足湯が効果あります)
2015-05-11d.jpg
足湯のお湯の量は足の甲が半分隠れる程度で十分温まります。
2015-05-11e.jpg
洗面器がなくてもダンボールにビニールをかぶせたもので十分です
2015-05-11f.jpg
足の裏が温まると心からリラックスできました。す~っごく気持ちよかったです!!

(Hotタオルも効果があります)
2015-05-11c.jpg
(折りたたんだタオルをビニール袋に入れて・・・下にはもう一枚タオルを敷きます)
2015-05-11a.jpg
(コップ7分目くらいのお湯をタオルにかけます)
2015-05-11b.jpg
(ビニール袋の口を外側に向け、下のタオルを使ってお湯がタオル全体に回るようにもみます)

冬はインフルエンザの予防接種を受けることも避難生活で流行にかからないという効果が期待できます。

夏は脱水症状にならないように留意する
(声掛けでコップ何杯、どれだけ飲みましたか?と尋ねてみるもの良い
一日1000ml~1500mlが目安ですので、コップにあと2杯くらい飲んでくださいねと声かけることも効果があります)

消費期限が過ぎた食べ物は思い切って処分しましょう
(もったいないと思っても食中毒の危険があります、食中毒は1年中を通して発生するので注意が必要です)

人は想像もつかない事には対応できない(自分を振り返るとその通りだと思います)と言います。火山活動、台風、集中豪雨、地震など災害はいつどんな形で身に降りかかるかわかりません。

万が一何かが起きて避難所生活になった場合、不安や不自由が少しでも軽減できるような支援技術や知識をたくさん教えて頂きました。
(この日はリラクゼーションや体に負担をかけない起き方なども教えて頂きました。)


同じことの繰り返しでも忘れないために今後も習得していきたいと思います。

GWも終わって

GWが終わって、今日は平日
今年度初めて、多文化共生のサポートに行ってきました。

今年は小学校1年生を担当します。
1年生はいいですね、ニコニコしててキラキラしてて
ずーとそうでいてほしいと思いますが、そんなわけにはいかないのかな?

今日は交通安全指導があって、学校の周りを子どもたちと一緒に歩きました。
危険な個所、結構ありました。
この先交通事故のないように、しっかりルールを守って歩いてほしいです。

歩くのは大変でしょう?と声をかけて下さった先生方
ありがとうございます。
事故が起きないようにと気配りはありましたが歩くことは楽しいです。

一昨日は飯盛山(揖斐郡)
昨日は権現山(揖斐郡)を登ってきました。
足が痛くないのがとてもうれしいです。

両日家から近い山にしたのは早い帰宅ができて疲れが残らないようにと考えたのです
入浴剤をいれて、温泉気分を味わったのですが
効果があった(?)疲れが取れたようです。

この先しばらく山へ行けない日が続きそうなので
GW期間中は5つの山登りと一つの観光と
思う存分楽しめました。

2015-05-05a.jpg
(飯盛山)
2015-05-05b.jpg
(飯盛山のイチリンソウ)
2015-05-05c.jpg
(飯盛山のヤマシャクヤク)

2015-05-06vv.jpg
(権現山山頂から見る花房山)
2015-05-06rrrr.jpg
(権現山のシロヤシオ)
2015-05-06yy.jpg
(シャクナゲが満開でした)

日常の平地生活も休日の山行き生活も
どちらも安全第一ですね。

暑い、熱い金沢へ

金沢駅はごった返し
金沢駅もごった返し

すごい!

2015-05-03b.jpg
駅に特別に入場券売り場がある!
北陸新幹線を撮影するために入場券がいるのです。
2015-05-03a.jpg
行ってきました!
写してきました!
グランクラスも写してきました。
あそこに座る人はどんな人?

想像の翼を広げ、気の済むまで撮影したら、
早速講習会会場へ・・・と…その前にお昼ご飯は?

2015-05-03c.jpg
青空コンサートが開かれていました。
人がすごい~!

「久しぶりの金沢は変わってしまって分からん・・。」とぼやくオットット
そうですよね、青春時代に過ごしたあの時から四半世紀以上時間が流れています。

駅前のス○バで軽くおなかに入れて、2時間しっかり講習受けてきました。

分かったことは・・・雨の日は山の地図を見るようにしよう!
そうよね、1度で理解できたら天才だよね。
何度も地図を見て、実践してみて、少しづつ自分の体にしみこませよう。

あとは金沢観光
2015-05-03d.jpg
近江市場
2015-05-03e.jpg
2015-05-03f.jpg
尾山神社
2015-05-03g.jpg
尾山神社境内の菊桜

2015-05-03h.jpg
2015-05-03i.jpg
2015-05-03j.jpg
武家屋敷跡

これが精いっぱい。
でも、地図読みのとっかかりができて、観光もできた楽しい一日でした。

五色の滝

5月2日(日曜日)
滋賀県米原市曲谷地区にある五色の滝へ行ってきました。
2015-05-02a.jpg
道の駅「伊吹の里」の藤棚から見る伊吹山
2015-05-02b.jpg
最初の登山口から行き止まり(?)までは足元も悪く
2015-05-02c.jpg
あと何キロ何だろう・・・
崩れやすい道を慎重に歩きました。
2015-05-02d.jpg
2015-05-02e.jpg
山の緑と水の緑 緑の競演。^^
2015-05-02l.jpg
イチリンソウの三姉妹
途中咲いている花々は伊吹山で見られるものでした。
奥伊吹ですもんね。
今年初めて見るお花が多くて嬉しかったのですが
2015-05-02h.jpg
水量が多く勢いもあり、渡渉できずに引き返しました。

林道を進んで、大堰堤にかかる細い橋を抜けていくと
別の入り口があります。
以前は周回できたのに・・と
行き止まりで一緒になった方が残念そうに話されていました。

道が荒れて、人の手を入れるにも限界があるのでしょうね。
残念ですが仕方ありません。
山道整備募金箱に気持ちを入れて来ました。

気を取り直して、別ルートから五色の滝を目指します。
すぐに水の音がして・・・・思ったより近くにありました。

2015-05-02i.jpg
これが五色の滝!(なぜ五色というのかは不明です)
2015-05-02j.jpg
水量は豊富で勢いがあり、本当にきれいでした。
2015-05-02k.jpg
秋は紅葉がきれいでしょうね
2015-05-02m.jpg
エンレイソウが咲いていました。(五色の滝付近は以前は石切り場だったそうです。)


今回のルートです
詳しい情報は「山行き記録のページへ」をポチッとお願いします。

鈴鹿セブン分の4(入道ヶ岳)

4月30日(木曜日)
連日山登りで楽しもうと計画立てました。

岩籠山を下りるとき、根につまづいていた私たち
足が上がらなくなっていた様子です。

釈迦ヶ岳に鎌ヶ岳のどちらかに行きたいと希望が出ますが
う~ん(不安を抱えて登るのは怖いなぁ~)
ということで、釈迦ヶ岳も鎌ヶ岳も今回は見送り
入道ヶ岳へ行ってきました。

9時過ぎに出発したのですが、ニコニコ笑顔のお若いカップルがもう下山してこられました。
今日は暑くなりそうなので早めに登られたとか・・・
そうですよね、もっと早く家を出たらよかったかも・・・・。

少し地図読みの練習をしながら登ることにしたので、連日の疲れを気にすることはありませんでした。
地図読みは少しづつですができるようになった。と・・・思います。

花が少ない山でしたが、季節が変わるとまたお花がみられるのかな? 
カタクリの葉があったので、もう少し早いとみられるかもしれません。

2015-04-30a.jpg
椿大神の社横を通り抜けて登山道へ行きます
2015-04-30f.jpg
ヤマツツジが咲いています。
2015-04-30g.jpg
満開の木もあります
2015-04-30i.jpg
鎌ヶ岳と御在所岳が見えるこの景色、最高です。
2015-04-30j.jpg
頂上は近いね
2015-04-30m.jpg
小さいけれど向こうに鳥居が見えます、あそこに三角点があります。
2015-04-30n.jpg
ほいっ!看板登場!
2015-04-30p.jpg
コーヒーをおいしく飲んだら下山開始です。
2015-04-30r.jpg
またね~
2015-04-30s.jpg
慎重に慎重に~
2015-04-30u.jpg
2015-04-30v.jpg
ここを渡渉して
2015-04-30w.jpg
二本松コースの終わりです。

平日のせいかあまり人に会いませんでした。
一時山頂はは私たちだけ~ということもあり、贅沢な時間を過ごせました。

下山後、椿大神社へお参りして今日の山歩きは終わりました。

緑輝くこの季節、山を楽しめる幸せ者です。


今回のルートです
詳しい情報は「山行き記録のページへ」をポチッとお願いします。











インディアン平原を見たい!

岩籠山へ行こう!インディアン平原へ行こう!
そう決めて事前に登山届をオンラインで提出しました。

インディアン平原ってユニークな名前です。
由来は?
『インディアン平原の由来は、西部劇のアリゾナ風景を思わせる奇岩郡が点在することから この名前が付いたらしい。』
とありました。

2015-04-29z.jpg
西部劇のアリゾナ風景に見えますね(?)

2015-04-29a.jpg
駐車場は5~6台止まっていました。
2015-04-29b.jpg
登山口の様子、楽しいハイキングになりますように・・・
2015-04-29e.jpg
気持ちの良い新緑の中を歩きます

アップダウンが何度もあり、乾いた足場がズルズル滑りそうになる場所もあり
慎重に気を付けながら登りました。

2015-04-29h.jpg
イワカガミが満開、
2015-04-29g.jpg
イカリソウもたくさん咲いていて

2015-04-29c.jpg
タニギキョウ
2015-04-29f.jpg
ヒメハギ
2015-04-29n.jpg
シロイワカガミ
2015-04-29u.jpg
オオバキスミレ
2015-04-29uu.jpg
ミヤマカタバミ
お花が次々と楽しめたので何とか登れた感じです。

ブナ林の中を歩くとき、それはそれは気持ちいい
2015-04-29k.jpg
2015-04-29q.jpg
緑ってこんなに癒し効果があるんですね~。
2015-04-29o.jpg
2015-04-29i.jpg
山の空気と緑にすっかり癒されました。
2015-04-29l.jpg
2015-04-29m.jpg
2015-04-29j.jpg
2015-04-29r.jpg
ここが崩れたのはいつなのでしょう、倒れた樹木から新緑の葉が出ています。
2015-04-29s.jpg
タムシバと山脈、見晴らしも最高。
2015-04-29v.jpg
2015-04-29x.jpg
風がそれほど強くなかったのでインディアン平原をたっぷり楽しめました。
2015-04-29z2.jpg
インディアン平原の岩から見る敦賀市
2015-04-29z1.jpg
ここが岩籠山の山頂です。

GWが始まって、人が多いかな?と思ったけれど
ポツポツと出会うだけでした。
後ろから追い越されることも少なくて、のんびりと歩けた楽しい登山でした。

敦賀三山(野坂山・岩籠山・西方ヶ岳)はこれで登ったことになりますが
西方ヶ岳は高校の時に登ったのですっかり忘れています。
いつか登りたいなぁ~。

今回のルートです。