パンク修理

その他
07 /31 2014
昨日町内の用事で乗ろうと思ったら、後輪がパンクしていた私の愛車

ガーン。

昨日は暑い中歩いて用事を済ませましたけれど、このままではいけません。


今日のお昼前に時間が出来たので、さっそくパンク修理に取り組んでみました。
久しぶりなので時間がかかりそう。(暑い中ではできません)

2014-07-31a.jpg
用意するもの
水の入った洗面器
雑巾
スパナ
パンク修理キット
赤か白のマジック(写真に撮るのを忘れました~)

2014-07-31b.jpg
愛車はスタンドではないので寝かせます。

2014-07-31d.jpg
(虫ゴムが悪いのかもしれないので確認します)
空気を入れて
石鹸水を口に付けます(泡が出たら虫ゴムが悪いとなりますが・・・)
泡は出ないのでやっぱりパンクです。

2014-07-31e.jpg
プランジャーを外してみると、虫ゴムがくたびれているので交換しました。

2014-07-31f.jpg
さて・・・
パンク修理キットに入っているタイヤレバーを使ってチューブを取り出します。

2014-07-31g.jpg
一つ目のレバーから15㎝程離して、もうひとつタイヤレバーを取り付けます。

2014-07-31h.jpg
2014-07-31i.jpg
この作業を繰り返してタイヤを外します。

2014-07-31j.jpg
チューブを出せたら、プランジャーを取り付けて・・・

2014-07-31k.jpg
(アップ!)プランジャーを取り付けたら空気をいれます。

2014-07-31l.jpg
空気の入ったチューブを洗面器に沈めて、破れたところを探します・・・

2014-07-31m.jpg
ない!破れたところが無いです。
どこからも空気の泡が出ないのです。あれ~~~~??

2014-07-31n.jpg
パンクじゃなかったみたいです。
一応タイヤの中を手で探ってみて、突起物が刺さっていないかの確認です。
よし!OK!何もありません!

2014-07-31p.jpg
プランジャーを外して・・・・穴を一致させます。

2014-07-31q.jpg
チューブがねじれないように気を付けながらタイヤの中におさめます。

2014-07-31r.jpg
空気を入れて出来上がり~

かな?

修理して2時間経過・・・・
空気の抜けた様子は無し
と・・・・いうことは虫ゴムの劣化?
あの時泡がでなかったのに・・・・ちょっと複雑だけど・・・

まっいっか!
愛車復活!
スポンサーサイト

土用の丑

季節
07 /29 2014
絶滅危惧種に指定されたニホンウナギ
今日は「土用の丑の日」、あなたはウナギを食べます?
こんな記事を目にしていたので、どうしようかなぁ~と迷いました。

来年は食べられないかもしれない・・・どうなるかわからないから
今年は食べようと思い、購入しました。

でも・・・高いですね~!!


しかも・・・

三●産も鹿●島産の養殖うなぎも同じ値段。
ん?
価格競争はしないのね。

日本産はどこの物でも2000円と同じです。
輸入物は見かけなかったので、このスーパーでウナギを買いたいと思ったら
産地を選ぶ楽しみってことですね。

それにしても・・・
我が家の夜ご飯のおかずに2000円って・・・・
こんな贅沢な夜ご飯は土用の丑以外いつ楽しむのかな?

お正月はちょっと贅沢します。
盆は・・・誰も帰ってこないし節約です。
誕生日・・は孫も子供もいないから節約です。
ん~~~
結局お正月と土用の丑でした。

絶滅危惧種に指定されたニホンウナギ

これは養殖の鰻ですが・・・・
2014-07-29a.jpg
美味しくいただきます。

夜叉ヶ池マラニック(2)

ボランティア
07 /28 2014
夜叉ヶ池マラニック二日目。
昨日のお天気に比べると過ごしやすそうです。
お昼頃雨が降ると予報が出ていたので、ポンチョを持参していきます。

2014-07-27a.jpg
今日の担当は霞間ヶ渓エードです。

2014-07-27e.jpg
AEDの講習を受けましたという印を今日も肩に付けて頑張ります。
準備を済ませてランナーを待ちます。

早い時間でやってこられたランナーは
トップバッターのかたです、細い体が鞭のようにしなやかで
過酷な状況でもスイスイなのでしょうね~
2014-07-27b.jpg

明け方夜叉ヶ池あたりは土砂降りだったようです。
低体温になり、多数の方がリタイアされたようです。
無理をしないで、楽しむからマラニックなのですよね。

このハードさ・・・楽しんでいるのかな?
しんどいだけ?と思っていましたが
2014-07-27c.jpg
(黒猫ジジは飼い主さんと一緒に爽やかな笑顔を振りまいてくれました。)
2014-07-27d.jpg
(カープファンにはたまりませんね~)
しんどさの中にも笑顔があって、マエケン体操もあって
皆さんそれぞれに楽しんでおられます。
事故もなく無事に終わる事が出来たようです。(よかった~)

元気で過ごしてまた来年このマラニック開催を楽しみたいですね。

夜叉ヶ池マラニック

ボランティア
07 /26 2014
今年もまた夜叉ヶ池マラニックの季節がやってきました。
暑い!
暑い!
アッチ~~~!!

2014-07-26a.jpg
叫びたくなるような暑さの中、猛者の皆さんはまず受付を済ませて

2014-07-26b.jpg
それから・・・・エードで氷などを手に入れて長時間走る準備を万全に整えます。

そんな中、猫のジジにあいました。
2014-07-26c.jpg
ブログに載せてもいいですか?と尋ねますと
笑顔でいいですよって快諾してくださいました。

ジジと一緒に走ったのかな~?
午前11時、夜叉ヶ池目指してスタートして行きました。

私は川原神社のエードに急ぎます。
ジジの彼女には会えませんでした。ジジはお休みしてもらったのかな?

とても暑い一日でした。
みなさん今頃坂内でお休みしておられるかな?

今日は揖斐川で花火大会がありました。
2014-07-26d.jpg
2014-07-26e.jpg
私は自宅から見られたけれど、ランナーの皆さんは見られませんね。(残念)

明日は霞間ヶ渓エードのお手伝いに行きます。
お昼ぐらいに雨が降るとか・・・・
ランナーの皆さんには及ばないけれど、エード担当のボランティアも頑張ります。


盛夏

季節
07 /25 2014
暑い~
2014-07-25c.jpg
(朝顔も咲き方が根性なしです)

昨日はたまらずにエアコン入れました。
アチアチ・・・・

2014-07-25a.jpg
(ここまで抱いてきます、じっと外を見るちゃも・・・)

ちゃもはヘルニアになって10日が過ぎました。
飲み薬が効いてきて、少し走る事もできるようになりました。
薬ってすごい!
手術を避けられたので本当によかった。

2014-07-25b.jpg
(ちょっとさみしそう?? あと少しで治るからね~)

この暑さでじっとしているのは大変です
家の中の涼しいところをウロウロ歩いています。
よかったよかった。

明日と明後日は「夜叉ヶ池マラニック」が開かれます。
今年もボランティアとして参加してきます。

今日の午後から準備に出かけるのですけれど・・・
気になるのはちゃもと梅干・・・鍵はお天気です。

暑すぎませんように
突然の夕立など来ませんように

自分勝手な願いです(テヘヘヘヘ)

季節
07 /23 2014
先日東北へ行った帰りの安達太良山SAで「福島のもも」を買いました。
収穫が始まって旬を迎えています。

2014-07-23b
美味しかったです
この季節、ももはいいですね。
買ってきたももは毎日一つずつ食べました。
美味しいものはあっという間になくなります。

このあたりで「福島のもも」を探すけれど見つかりません。
これから出まわるのかな?その日が楽しみです。

そして土用入りして、晴天が続く今日この頃といえば梅を干さないと・・・・
まだまだ上手じゃないけれど、今年も挑戦しています。
去年は小梅でちょっと失敗。

2014-07-23a.jpg
今年は大きい梅に挑戦中!
いい梅干しになぁれ~!

2014町内防災訓練

防災
07 /22 2014
町内の防災訓練の日がやってきました。
女性部防災部長になってから、この日のためにいろいろなことを積み重ねてきました。

今年は消防署とNPO法人防災支援ネットワークの皆様にご協力いただきました。
・小型ポンプで放水訓練
エンジンがかからなくてどうしようかと心配しましたが、持ち時間ぎりぎりでエンジン始動です!
(拍手が起こりました!感激~)
2014-07-22a.jpg
(貯水槽からの取水)

・消火器による消火訓練
時間はたっぷりあり、小さいお子さんも経験してもらえたのでよかったです。

・三角巾法
消防署お方のサポートを頂き、二人一組になり皆さんに体験してもらえました。
災害の時は三角巾があるとは限らないので、タオルや手ぬぐい、風呂敷などを持参してもらいました。きめ細かいご指導を頂けたようです。

・仮設トイレ設置訓練
NPOの方のサポートを頂きながら組み立てていきますが、初めての体験という方が多く
企画してよかったな~と思いました。
2014-07-22b.jpg
(真剣です)

ただ・・・市から3つ借りてきた仮設トイレがかなり古くなっていて・・・途中壊れてしまったりして焦ってしまいました。残りの二つで訓練していましたがNPOの方に直していただいて3つ使う事ができて助かりました。

・非常時トイレの汚物凝固剤実験
これは非常時のみならず、介護にも使えるという凝固剤の実験でした、参加された方が一番興味を持ってくださいました。

この地域は液状化が心配されています。
液状化はライフラインが壊れて日常生活を取り戻すまでに時間がかかります。
それだけに本当に真剣に取り組んでいただけました。

参加された方が「参加してよかった」と言って帰られた様子を見て、春からの活動が報われた気がしました。
たくさんの反省点がありまだまだ改良の余地はあると思いますが、参加された皆さんに、また準備に係ってくださった防災担当の皆さんお礼を言いたいです。

東北地方視察・研修ツアー(2)

ボランティア
07 /17 2014
3日目~4日目(7月13日~7月14日朝4時過ぎ到着)

2014-07-17aa.jpg
早朝窓辺にカモメが誘いに来てくれました、恒例の朝の散歩に出かけます。
2014-07-17s.jpg
魚つき保安林とは保安林の一種です。
調べてみると魚群を誘集し,またその繁殖・保護などのために,海岸や湖岸に作られた森林。とありました。海と共に生きる地域ならではのものです。
2014-07-17t.jpg
以前は津波浸水区域と標識があったように思うのですが
今は「過去の津波浸水区域」と変わっていました。
よりわかりやすく表示されているのですね。

朝食後「語り部バス」で志津川病院跡 → 高野会館 → 防災対策庁舎 → ベイサイドアリーナを回りました。
2014-07-17b.jpg
2014-07-17a.jpg
2014-07-17g.jpg
バスの中からの見学が多かったのですが防災対策庁舎ではバスを降りてお参りしました。
ここもやはり息も心も苦しくなる場所です。写真は撮っても記念撮影は遠慮してくださいという言葉に頷く私たちです。

2014-07-17h.jpg
高野会館は従業員の判断によって330人生き残った建物です。
悲劇の防災対策庁舎はよく話を聴くのですが、こんなに数多くの人々が生き残った高野会館の話は耳にすることはありませんでした。こういう元気の出る話も語り継いでいきたいですね。

この場所は復興工事をしているのですが、震災以前のものがそのままになっているところもあると言われます、それは道路上の道標です。
2014-07-17c.jpg
緑の矢印は津波が来た時の避難場所への誘導です。
2014-07-17d.jpg
2014-07-17q.jpg
避難場所まであと160mと読み取れます。
2014-07-17e.jpg
2014-07-17f.jpg
最終避難場所は小高い山の上でした。(写真の真ん中にある小高い山がそれです)
日頃から津波を意識していたのに、それ以上の波が襲ったという事なのでしょうね。

語り部バスのあと一行は気仙沼市唐桑へ向かいます。

2014-07-17i.jpg
唐桑町の仮設住宅談話室に到着しました。
談話室には懐かしい顔や初めての顔(お元気そうで嬉しかった!)
大勢の方が笑顔で出迎えてくださいました。
2014-07-17ll.jpg
2014-07-17j.jpg

一緒にお昼ご飯を頂いた後ストラップを作っている様子の見学です、作りたいと興味を持った参加者に作り方を伝授して下さいました。

私?草むしりは得意ですが手芸は全く苦手なので見学のみです。

自治会長さんはご自分の生活されている仮設住宅を見学させて下さり、見学者にいろいろと説明をしてくださいました。
2014-07-17r.jpg
現在どういう状態なのか現状の一端に触れる事が出来ました。
「この視察ツアーに参加してよかった!」と参加者全員感じる時間でした。
公開して下さった自治会長さん本当にありがとうございました。

2014-07-17lll.jpg
ストラップの販売を応援して下さっているラベンダーファームの天岡さんから預かった
ラベンダーのポプリを女性の方に見てもらいました。
皆さん声をあげて喜んでくれました、ラベンダーの香りはやはり癒されるのですね。

その後自治会長さんがボランティアを受け入れている場所「カエル塾」へ場所を移動します。
2014-07-17m.jpg
「カエル塾」も被災しているのですが、発災直後入ったボランティアの人々が手を加え何とか人が入れるようになった場所です。私は訪問するたびに草むしりをさせて貰っています。
今回は綺麗に草むしりをしてありました。(何となく嬉しい~)
2014-07-17mm.jpg
仮の扉、ガムテープやベニヤ板で修復、その場所で発災当時のDVDを見せて頂き、お話も頂きました。
あの日から3年半年以上経過しました。
2014-07-17n.jpg
「笑顔」「花」「音楽」この3つを支えに頑張ってきましたと話しておられました。
そういえばあの福祉の里談話室ではフルート演奏会や芸能人の訪問そして花を植える催し
いろいろなイベントが開かれてきたような気がします。
イベントが開かれると集まる人々の笑顔があります。
3つが支えになっていると話される自治会長さんは真剣な表情でした。

名残惜しいですが気仙沼を離れる時間が来ました。
「また来ます、それまでお元気でいてくださいね。」握手してお別れしました。
そして・・・・バスは帰路に着きます。

早朝4時過ぎに出発地に着きました。
強い雨の中防災士仲間が「おかえりなさい」と横断幕を持って迎えてくれました。
なんだか・・・・じ~~~ん・・・ちょっと感激してしまいました。

私にとって今回の研修ツアーは「カエル塾」塾長でありながら「福祉の里」自治会長をされている私の友人を
ツアー参加者に紹介することが重要なポイントでした。
参加された皆さんは何を感じ、何を思ったのかとても気になります。でも改めて尋ねる事はせず良い形で参加者の心に残ってくれればと願うばかりです。

気仙沼市唐桑町福祉の里の皆さんお世話になりました。
また会いに行きますね。

東北地方視察・研修ツアー

ボランティア
07 /16 2014
東北地方視察・研修ツアー

1日目~2日目(7月11日夜8時・バスで出発)

2014-07-11a.jpg
(私の荷物は”くまもん仕様”です。)
サービスエリアで休憩を取りながらバスは最初の目的地である石巻市へ向かいます。
朝日がバスを照らす頃、4時22分バスに乗っているメンバーの緊急地震速報アラームが一斉に鳴りだしました。
バスは福島県内の東北自動車道を走行しています、震源地は福島県沖でした。
M6.8震度4とありましたが被害は出なかったようです。
2014-07-12a.jpg
アラームが目覚しとなり、そのまま朝日を浴びながら朝ごはんを食べます。

2014-07-12b.jpg
朝ごはんは福島県の国見SA限定の「桃ジャムぱん」です。(おいしかった!)

石巻に少し早く着いたので、ワーク前に大川小学校へお参りに行きました。
2014-07-12c.jpg
小学校は前に北上川があり後ろには裏山がありました。
2014-07-12d.jpg
地震の後校庭で先生の指示を待っていた子供たちの不安を考えると、見ている私の息も心も苦しくなる場所でした。
こんなにすぐ近くに山がありながら、運動場で51分間待機しているしかなかった子供たち
怖かったね、辛かったね・・・その苦しさを想像しても想像しきれるものではありません。

2014-07-12e.jpg
私たちが着いたとき、ワークを始める人々がいました。
山沿いにヒマワリなどお花を植えてあり、そこを東京のNPOの方とボランティアの方々が手入れされていました。子供たちの魂が慰められますように・・・・。

バスはワーク予定の雄勝ローズファクトリーガーデンへ向かいます。
2014-07-12f.jpg
男性は植林するための土壌準備、女性は花壇の草むしりです。
2014-07-12g.jpg
この日道路の気温計は30℃でした。
台風を心配していましたが、心配すべきは気温でした。
2014-07-12gg.jpg
2014-07-12ggg.jpg

暑い時のボランティア活動の基本、30分行動して10分休憩を繰り返し花壇は綺麗になりました。

2014-07-12h.jpg
2014-07-12q.jpg
この花壇の花を使って絵葉書が作られていました、仮設住宅の皆さんが作っているようです。暑中見舞い用に買ってきました。

ワークの後は防災教室です、日本物理教育学会評議員の堀込智之先生のお話を聞かせて頂きました。
数々の実験を通して大津波を知る取り組みをされておられます。

2014-07-12p.jpg
― 地形によって変化する津波 ― ― 津波の水が冷たかったのはなぜか ―
あの日水が温かかったら、低体温症で亡くなる人は少しでも減ったのではないか
冬だから水温が低いだけではない津波の仕組みを教えて頂きました。
とても分かりやすくて、子供たちにも聞いてもらえたら・・・そんなことを感じました。

雄勝ローズファクトリーガーデンを後にして向かった先は、雄勝硯の制作工房と倉庫です。
地元の海産物などを扱う店も入る仮設商店街「おがつ店こ屋街」の中にありました。

2014-07-12i.jpg
買い物をして外へ出ると和太鼓の力強い音が聞こえてきました、
雄勝町伊達の黒船太鼓保存会の方ではないかと思います。
2014-07-12j.jpg
(真剣な練習でしたのでお声をかけることなくバスに乗りました)
とても力強くて、元気が出る音でした。

お昼ご飯は石巻北京飯店です。

2014-07-12k.jpg

入り口にある、希望の光の寄せ書き
2014-07-12l.jpg
食事を頂いた後、女将さんのお話を聞かせて頂きました。
発災時の様子やその後の行動を一つ一つ丁寧にお話し下さいました。
生き残った者がどうやって生きて行けばいいのか・・・
苦しかった心のほんの一部分のお話でしょう、話しきれない事もあるでしょうが
伺ったお話は無駄にせずに防災に役立てられればと思います。

手を振り見送ってくださる女将さんにお別れして
バスは一路南三陸へ向かいます。

南三陸の宿に着き、荷物を降ろしてすぐに向かうのは
イースター島から送られたモアイ像の見学です
南三陸さんさん商店街の一角にあります。
モアイ像は思ったよりも小さかったけれど、この像にかける思いは大きいと感じました。
世界で初めて本物のモアイ象を送られた南三陸町、モアイ = 未来に生きる という意味があるそうです。

2014-07-12m.jpg
ここで暮らす人々について周る困難があっても、未来を見つめながら生きる人生であって欲しいと思いました。


明朝は語り部バスに乗り、その後気仙沼市唐桑半島へ行きます。
こうして車中泊から始まった2日目・7月12日が終わりました。

続く

こんにちわ!ウェーブ

季節
07 /09 2014
高校球児は爽やかです。

我が家の近所にある高校
その高校の野球部メンバーと朝夕のワンコの散歩途中によく出会います。

なかでも一人(名前がわかりません)
いつも「こんちわ!」と大きな声でハッキリとあいさつしてくれます。
笑顔と一緒に挨拶してもらえるので
とてもとても気持ちがいです。

先日の日曜日
ワンコの散歩が終わって
自宅にたどり着いた時玄関先で
自転車に乗った野球部の集団にあいました。

先頭はいつも笑顔で挨拶してくれるあの子です(名前がわからない~~~)
いつものように「こんちは!」と笑顔で去っていきます。
急いで「こんにちは」と頭を下げて挨拶を返しました。

すると・・・・次々と聞こえる「こんちわ!」の声
私は頭をペコペコ下げながら「こんにちは」と返事
2014-07-09a.jpg
(こんなイメージですが・・・・)
野球部員は何人いたことか・・・
皆が行き過ぎるまでこの光景が続きました。

「こんちわ!ウェーブだ・・・」
私はそう思いながら気分よく家の中に入っていきました。

そういえば京都に住んでいたとき
JR奈良線に乗って通勤していたのですが、
ある日の事、さほど混んでいなかったけれど座席はぜんぶ埋まっていて
私は座るところが無くて、「一駅だから」と立っていると
有名私立高校の野球部員がそれを見て「どうぞ!!」と叫んで立ち上がってくれました。
その「どうぞ」に部員全員が反応して、「どうぞ!」「どうぞ!」と続いてしまい
私一人のために、横並びの座席全部が空いてしまったことがありましたっけ・・・
「私のお尻はそんなに大きくないですよ・・・」と照れながらも
座らせてもらった記憶があります。

“爽やか高校球児”そんな記憶も蘇る出来事でした。

「こんちわ!ウェーブ」をくれたあの野球部
勝ち上がっていくといいなぁ~

台風

その他
07 /07 2014
大きな台風が近づいてきました。
被害が出ないといいのですが・・・・

我が家の台風が先週末の土曜日にやってきて
法事用の座布団で遊んで・・・・

2014-07-07.jpg
日曜日に去っていきました。

残ったのは・・・
2014-07-07b.jpg
もう少し「台風」と遊びたかったちゃもと・・・私たちだけ・・・


また遊びに来てね

ツバメの体操

季節
07 /03 2014
雨が降り出しそうな今朝
電線にたくさんツバメが羽休めしていました。

そのうち・・・
暇を持て余した一羽が体操を見せてくれました。
2014-07-03a.jpg  はじめ~
2014-07-03b.jpg い~ち~
2014-07-03c.jpg に~い~
2014-07-03e.jpg さん~
2014-07-03f.jpg しぃ~
2014-07-03h.jpg 肩を回して
2014-07-03i.jpg 尻尾をあげて~
2014-07-03m.jpg 足もあげて~
2014-07-03n.jpg お疲れ様~


はい。
お疲れ様でした。

san .i

ご訪問頂きありがとうございます。

山登りなどの自然との触れ合い。
ボランティア活動の事。
そして何気ない毎日の事をつらつらと書いています。毎日、自然体で過ごせたらいいなと願っています。

どうぞよろしくお願いします。

”ちゃものしっぽ”

嬉しい時くるくるしっぽを回し振りながら駆け寄ってきてくれた、以前飼っていた愛犬のしぐさが由来です。