鳩吹山歩き

登山・アウトドア
03 /30 2014
この週末、可児市鳩吹山のカタクリの群生が満開になるのではないか、と
ニュースが伝えていました。

友人の写真などで見ていたカタクリの花ですが
この目で見たい!と思い立ち行ってきました。

近くにある大学の臨時駐車場に車を置いて
シャトルバスでカタクリ祭り会場に到着

12:20 カタクリ群生を目指して出発
2014-03-29b.jpg
見事な群生に思わず歓声を上げます
2014-03-29k.jpg
(アップで撮ってみました)
2014-03-29a.jpg
山桜と共演して一段と美しさが引き立ちます。

12:30 鳩吹山山頂へ登山開始

2014-03-29d.jpg
ヒカゲツツジ
2014-03-29c.jpg
ヤブツバキ
2014-03-29f.jpg
スミレをみつけました。
とてもきれいです。

小天神休憩所で休憩
大天神休憩所で休憩

2014-03-29e.jpg
(木曽川の流れが疲れを癒してくれます)
2014-03-29l.jpg
鳩吹山山頂

折り返し、小天神休憩所から大脇口へ

2014-03-29h.jpg
ショウジョウバカマの群生
ムラサキハナナ
スイセン
2014-03-29g.jpg
タチツボスミレ
ゼンマイ
2014-03-29i.jpg

この道は変化がありとても楽しい道です。

12014-03-29j.jpg
5:30大脇口着
15:50シャトルバスに乗り、臨時駐車場へ
16:00臨時駐車場着


閉門17:30です、まだ1時間以上も余裕があるのですが
着いてびっくり!
我が家の愛車がたった一台、ポツンと待っていました。

山登りを楽しみすぎちゃったかな?
次はもう少し早く家をでて
西山ルートや継鹿尾山(つがおさん)まで足を伸ばしてみたいと思います。


スポンサーサイト

伊吹山独り占め

登山・アウトドア
03 /26 2014
3月25日
天気予報を見ていて気が付いた、明日3月26日は雨になるらしい
え~!明日伊吹山へ行こうと思ったのに・・・それは残念

じゃぁ今日行っちゃえ~!

いつもより出かける時間が遅いけれど
雪のあるところまで行くだけでいいから
5合目あたりにはきっと雪があるはず
ん~もしかしたら雪は7合目や8合目かな?

何にしても頂上までは行けないよきっと・・・
妙な自信を持ってGO!

10:00 登山開始
10:25 1合目着 トイレ休憩(この先トイレはないそうです)
2014-03-25a.jpg
(2合目過ぎのビューポイント)
10:55 3合目 このあたり、格闘家が大暴れしたような跡が続いています。

イノシシと鹿だそうですが、私は乱闘する格闘家を誰にしようかと一生懸命考えます
でも・・・格闘家を知らない(><)
アントニオ猪木(古いなぁ~)
あれこれ考えて、今流行の進撃の巨人にしました。
それにしても今日は順調です。
2014-03-25b.jpg
(もうすぐしたら3合目、手前の桜が咲いたらきれいでしょうねぇ~)
2014-03-25d.jpg
(4合目あたり、新芽もない色のない世界です)
2014-03-25f.jpg
11:40 5合目まったく雪がない!自動販売機はブルーシートにくるまれています

2014-03-25g.jpg
(7合目過ぎ・・・進撃の巨人が暴れた??)

12:35 8合目 雨がぱらついてきましがすぐに止みました。(よかった~)
12:55 9合目 下山する人とすれ違いました。

私:  上に雪はありますか?
下山者:たいしたことないけどあるよ。
私:  誰かいましたか?
下山者:いや~、誰もいないよ
私:  そうですか私一人ですか~(ちょっと不安~)ありがとうございます。


2014-03-25h.jpg
2014-03-25i.jpg
13:05 頂上着(教えられたとおり雪がありました)

今私伊吹山を独り占めしている?
一人でちょっと心細いけれど、こんな大きな山の山頂に独りきりってこの先ないかもしれない
凄いご褒美貰っちゃった。うん。(^^)

2014-03-25j.jpg
(頂上の売店はまだ雪の中です)
2014-03-25k.jpg
(同じ頂上でもこちらは雪がありません)

風をよけながら食事をとって、下山開始

15:20 2合目や1合目あたりでお花を見つけます
2014-03-25o.jpg
スハマソウ 
2014-03-25n.jpg
セントウソウ 
2014-03-25p.jpg
ヤマネコノメソウ 
2014-03-25l.jpg
アマナ 
2014-03-25q.jpg
タチツボスミレ
お花のご褒美は3合目まででした。
2014-03-25r.jpg
(ホオジロのお見送りを受けながら下山します)

15:30 上野口、登山道着

楽しい山歩きでした。

今日は筋肉痛です。^^;



春です

ちゃも
03 /24 2014
3月もあと少しになりました。
春です、春本番です。

陽気に誘われて
2013-03-24a.jpg
家の中で退屈しているちゃもと散歩。

2014-03-24e.jpg
ムラサキハナナ
2014-03-24f.jpg
スミレ
2013-03-24c.jpg
ソメイヨシノ
2014-03-24h.jpg
薄墨桜の親戚(らしいです・・・)
2014-03-24d.jpg
川の中のカルガモ(水ぬるむ~)
2014-03-24g.jpg
田んぼの中のカワラヒワ

今日のおかずは土筆の卵とじ。

天気予報が今日の最高気温が20度を超えたと言っています
いきなり初夏??

霞間ケ渓公園

季節
03 /20 2014
今日は雨です。
明日から少し寒くなるんですって?
寒いのはもういらないのだけど・・・

2013-03-20e.jpg
昨日の朝日に輝く伊吹山(うっとり~)

2013-03-20a.jpg
霞間ケ渓公園にちゃもと散歩に行ったとき
こんなん見つけました。

2013-03-20b.jpg
スミレです!春ですね!
2013-03-20c.jpg
満開の白梅
2013-03-20d.jpg
こちらも負けていません紅梅

彼岸入りしています。
寒さ暑さも彼岸まで・・・

あと少しの辛抱です。

杜の都 仙台

お出かけ
03 /18 2014
荒浜や蒲生、名取市閖上と胸の痛くなる光景を見た後
お茶にしましょうと連れて行ってもらったお店で
抹茶ウィンナーコーヒーを初めて飲みました。

2014-03-18c.jpg
2014-03-18b.jpg
美味しいものって、笑顔をつくる・・・
朝の連ドラじゃないけれど
抹茶ウィンナーコーヒーと甘味は美味しくて
ついつい笑顔になりました。

他に行ってみたいところは?と聞かれて
「青葉城」と簡単に答えたのですけれど
震災で石垣の崩壊、路面の亀裂などで通行止めがあり
とーっても大回りしてもらうことになっていたのです
のんきな私はすっかり甘えて鼻歌~♪(ごめんね~でも楽しかった!)

2014-03-08d.jpg
凛々しい姿です。
2014-03-18h.jpg
(崩れた石垣を順序良く並べます。
この順番で修復するのだそうです、気の遠くなる作業です)

翌日、気仙沼へ向かうまえに少し時間をとり
もう少し仙台を見学することにしました。

ループルバスは仙台の観光名所を巡るバスです。
途中で降りても良し、最後まで乗っていても良しということです。
1週70分ということで私は一度も降りずに乗ることにしました。
2014-03-18a.jpg
月曜日は観光名所の休館が多いので、乗客が少ないそうです。
バス停を二つ過ぎると乗客は私一人になりました。
2014-03-18i.jpg
(そして・・・誰もいなくなった・・いえ、運転手さんがいます!)

途中誰も乗ってこなかったので
乗車賃250円で1時間貸切でした。(おぉ~!ラッキー!・・なの?)

2014-03-18f.jpg
(三角コーンにも伊達政宗が!もう少し近寄って写せばよかった~)
2014-03-18k.jpg
(この停留所も誰も乗車しませんでした)

杜の都仙台の有名な通りの名前も歴史と繋がっていると教えてもらい、
杜と森の違いを仙台の歴史を交えながら教えてもらいました。
さらに、羽生結弦さんや荒川静香さんの金メダルのお話から
五色沼がフィギュアスケート発祥の地であると教えてもらいました。
(そうだったのね~)
2014-03-18g.jpg
(五色沼、今では滑れないそうです)
ループルバスの運転手さんは名ガイドさんでした。


東日本大震災の時に支援物資を積んだバス2台が大阪から来て
物資だけでなくバス自体も支援物資だったこと。
塗装などは地元のバスに塗り替えて今も走っているそうです。

ご自身の被災体験、ご家族の様子。
震災後、観光バスは何をしていたかなど1時間はあっという間に過ぎて
終点仙台駅に着きました。
お礼を言って降りようとすると、
駅横にあるアエルビル31階の展望は最高だよ
嬉しいことに無料ですよと教えてくれました。
2014-03-18l.jpg
(奥の一番高い建物がアエルビル)

さっそく向かって歩き出すと
後ろから声が・・・・「反対方向ですよ~」
あらら~左右は苦手なのよね~。タハハハハ

今度は正確な方向へ歩き出し
アエルビル31階の展望室へ行ってきました。
眺めは最高!遠くまで本当によく見えます。
2014-03-08j.jpg
歯の抜けた櫛のような松林の海岸線も
2014-03-18m.jpg
石垣を修復している青葉城も・・・
綺麗に見えても、やはりまだ震災から立ち直る最中だと思いました。

友人にたくさん助けてもらい、
親切な運転手さんにも嬉しい情報を頂いて
充実した時間を過ごせました。

お世話になりました、ありがとう!
次はゆっくり遊びに行きますね。


東北行 -陸前高田-

ボランティア・からくわ
03 /15 2014
雪の降る中陸前高田へ向かって走ります、ナビが連れて行ってくれるという感じです。
2014-03-11aa.jpg
30分もたたないうちに『奇跡の一本松駐車場』という看板が見えます。
とても広い駐車場です、全国から訪れるのでしょうね。

2014-03-11b.jpg
自動販売機にも一本松の絵があります。

駐車場の方に一本松への行き方を訪ねると
交差点には看板が出ているそうです
看板見えないけれど…こっちかな?と直進します、出発!


『陸前高田市は被災した地域の土地区画整理事業で出る土砂を運搬するため、市を流れる気仙川河口近くに総延長約3キロのベルトコンベヤーを建設しています。
2014-03-11m.jpg
川をまたぐコンベヤー専用つり橋は市内小学生から公募して「希望のかけ橋」と名付けられました。
今年3月の稼働を目指しているのでもうすぐしたら稼働するのでしょうね。
これが動き出すと運ばれる土砂は、ダンプカーで運ぶ場合の約3分の1の期間で済むということです。』

2014-03-11e.jpg
ニュースで伝えていたベルトコンベヤーが龍のように横たわり
2014-03-11c.jpg
それを支える足場はそりたって、吹雪はますます強くなり
視界は悪くなり一方です。

おかしい・・・・一本松への案内板がない・・・


工事関係と思われる方に訪ねます。
「一本松へ行きたいのですが・・・」
「ここは工事関係者以外立ち入り禁止です、見つかったら叱られますよ」
叱られる・・・!?それは嫌ですが・・・
関係者の方は笑顔で「叱られますよ」って・・・・
これは・・・今のうちに戻りましょう!

再び駐車場まで戻りますが
吹雪がますますひどくって全身雪だらけ~
友人と二人、中年の雪だるま二体出来上がり~!?

気を取り直して、今度は道路を左折
行き交う人々はみな雪だるま状態
でもこちらで間違いないと確信し歩きます。

2014-03-11f.jpg
東日本大震災ボランティア活動で初めて行った場所が陸前高田市でした。
あの悲惨な光景から想像できないほど、綺麗になっていました。

色のない白と黒の世界が広がる中、間近にみる「奇跡の一本松」は
雪に打たれて寒そうです。
象徴としてそびえる一本松、残念ながら息吹や温もりは感じませんでした、
2014-03-11g.jpg
でもこの姿に大勢の方が励まされたのでしょうね。
これからもここで大勢の人を受け入れ、津波の被害を後世に伝えてくれると思います。

2014-03-11h.jpg
帰る頃雪が弱くなって「希望のかけ橋」が見えてきました。
2014-03-11j.jpg
後ろも視界がはっきりしています。

駐車場へ向かう途中にバス停がありました。
しばらくの期間気仙沼駅と大船渡を結ぶバスがこの臨時停留所に止まるようです。
2014-03-11k.jpg
たくさんの人が待っていました。

陸前高田はトラックがひっきりなしに行き交い、
人にも多く会いとても活気づいていました。
「復興」という言葉があてはまる地域だとなぁ感じました。


無事に唐桑から鹿折地区に戻り教えてもらった「極上おでん」を探します。
でも「極上おでん」が見つかりません。行ってみたかったなぁ~・・・
夕方は一気に寒くなります。
「極上おでん」を諦めて一日の疲れをホテル観洋の温泉で落とすことにしました。

友人が心配してくれているとも知らず
のんびり温泉に入り、初めて贅沢なお刺身定食を食べました。
2014-03-11n.jpg
美味し~!!やっぱり違うね~!ホタテがとろける~!


慰霊碑を巡ってお参りすること
友人に会うこと
唐桑ストラップを100個求めること
ストラップを作っている大切な友人にあうこと
ボランティア活動をした場所のその後を知ること
東北の美味しいものを食べること
美味しいものを買って帰ること
さだまさしさんのコンサートを見ること

数々の目的をもって東北をあちらこちら周りました
仙台や唐桑の友人の協力を得て達成できました。
ありがとうございました。

次は美味しいもの巡りや綺麗な観光地巡りなど
いろいろな場所巡りができればいいなぁと考えています。

東北行 -気仙沼・唐桑-

ボランティア・からくわ
03 /14 2014
仙台から気仙沼へ
ドラゴンレール大船渡線の電車から外を見れば吹雪!
2014-03-10a.jpg
でも電車の中は暖かい。
2014-03-10aa.jpg
気仙沼駅からレンタカーを使って一路唐桑へ向かいます。
「今度は頼みますよ、ちゃんと唐桑へ連れて行ってね」
そんな気持ちでナビをセット、「よし出発!」

走り出すと、気仙沼の街中はずいぶん変わっていました。

2014-03-10bb.jpg
港には船が停泊
2014-03-10c.jpg
街は綺麗に片付いて道路は整備されている
道路は広くダンプトラックが砂煙をあげて走っている
その砂煙が道行く車を茶色にしていく
2014-03-10b.jpg
あのタンカーの姿は当然なく
2014-03-10d.jpg
その近くの仮設商店街に止まる車はわずか・・・。
2014-03-10dd.jpg
3月11日にお茶を飲もうと立ち寄りましたが、お花が少なくて・・・。

道路わきにはコンビニエンスストアが増えています。

唐桑へ通じる道にきれいな看板がみえます。
よく見ると美容院の看板、美容院ができた、生活がもとに戻りつつあるんだ・・・
ちょっと嬉しくなります。
2014-03-10f.jpg
唐桑半島の石浜も船があります。

友人に挨拶をして、荷物を降ろしてちょっと休憩。
休憩中に地震がありました。
震度は小さいものだけど、地の底からの音が恐怖心をあおります。

この日の夕方、さだまさしコンサートが開かれます。
友人と駅で待ち合わせしているので、唐桑の友人が送ってくれました
揃ってコンサートに向かいます。
コンサートは盛り上がり、大サービスの10曲くらいかな
2014-0310h.jpg
有名な人が来ると街が元気になる!そんな気がしました。

2014-03-10jj.jpg
翌朝、海岸が見える場所まで雪が積もった道を散歩し周りも見ました。
2014-03-10k.jpg
1年半という時間は長いです、廃車もなくあたりは綺麗になっていました。

注文してあった「唐桑ストラップ」を購入しに仮設住宅の談話室へ行きます。
2014-03-10ll.jpg
材料は気仙沼で購入しているけれど、ネット販売専用の材料もあり
全部地元で購入とはいかないようです。
2014-03-10l.jpg
でも、唐桑を応援しようという気持ちの積み重ねは、気仙沼で材料を購入するという
形で多少でもお役に立てているのではないかと思い、嬉しくなりました。
2014-03-10j.jpg
この仮設住宅はA棟B棟C棟とあります、そのうちのC棟の談話室でストラップを作っています。
常に人がいるC棟の談話室にはA棟の人もB棟の人も集まると話していました。
「開かずの談話室もあるんだよ~」ニコニコ話されます。
C棟の談話室でストラップつくりをこれからも続けてもらいたい・・・・
A棟B棟の人も集まって少しでも元気でいてもらいたいと強く思いました。

談話室では、お母さん方が作られた炊き込みご飯を頂きました。(おいしかったよ~!)
マツモという市場に出ない高級食材を頂きました。
うん!美味しい!本当に美味しかったのです!
海藻好きで海辺で生まれたのに初めて食べた“マツモ”
こんなにおいしい食材があるんだ~びっくり~!遠慮もしないでパクパク頂きました。

「帰る時にあげるよ」そう言われて、うれしかったのに
帰るときに談話室へ立ち寄らなくて・・・お母さん待っていてくれたのに・・・
残念なことをしました。
電車の中、友人からのメールで思い出し、急いでお詫びの電話を・・・
しまった~忘れっぽい自分が悔しい~。
何より待ちぼうけさせてしまってごめんなさい。

3・11追悼式が談話室前の会館で始まりました。
2014-03-10m.jpg
図々しく参列させてもらいました一番後ろに座りましたが、
菊の花の香りが体育館全体に漂いそれが哀しみを誘います。
参加者は100人前後でしょうか、モニターは東京の会場や気仙沼市内の会場を映します。
大勢の方が亡くなられ、今も見つかっていない方もいます。
お昼ご飯をご馳走してくださった方のお身内もまだ見つかっていません
やるせない思いで、終了間際そこを離れました。

「どうぞ安らかにお眠りください。」これしか言えなかった私です

帰省する前に海産物屋さんへ行きました。
お店のご主人に「慰霊祭に参列してくださいましたか?」と尋ねられました
参列することを前提に話してくださったのでうれしくなりました
「部外者なのに、慰霊祭に出席するなんて」と叱られると心配して黙っていた小心者です。

雪が降っていますが陸前高田へ向かいます。
ナビに登録して・・・頼みます、ちゃんと連れて行ってね。


次は陸前高田です。

東北行 -仙台-

ボランティア・からくわ
03 /13 2014
東日本大震災から3年、1年半ぶりに行く東北です。

仙台市宮城野区蒲生地区・仙台市若林区荒浜地区・名取市閖上地区
気仙沼鹿折地区・気仙沼唐桑地区・陸前高田松原
この地域を巡り慰霊碑にお参りしてきました。

まず・・・・・・仙台地区から・・・
宮城野区蒲生・若林区荒浜・名取市閖上と3か所を友人に連れて行って貰いました。

仙台の街中は震災を忘れさせるような美しい街に見えましたが、
2014-03-09c.jpg
車で海に向かって走っていくうちに景色が変わります。

2014-03-09e.jpg
津波に押されて曲がったままのガードレール・壊れた道路・・・・
あまりの変貌ぶりに驚きました。

2014-03-09d.jpg
宮城野区蒲生にある慰霊碑に着きました。
この日は3月9日(日曜日)お花が添えられ、お参りする人が絶えません。
3月11日当日はきっと大勢の方が訪ずれるのでしょう・・・

海に行こうと思っても道がなくなっているとのこと
次に若林区荒浜にある観音様へ向かいました。
途中荒浜小学校が見えます。
荒浜ボランティアセンターがあり、黄色いハンカチが見えます。
2014-03-09g.jpg
これは、以前は近くにお寺があり、
仏教思想にのっとる白(空)・黄(風)・赤(火)・青(水)・黒(地)の5色の旗
すべてが津波に流されましたが、黄色の旗だけがあとで無事に見つかり
津波を乗り越えた縁起のいい色ということになったとか・・・
(他にも理由はあるようです・・・)

2014-03-09i.jpg
2014-03-09j.jpg
観音像に着きました。
犠牲になられた方々の名前を刻んだ碑があります
傍には観音像が建つ以前からあった赤い鳥居もあります。
手を合わせ魂が安らかに眠りますようにと手を合わせてその場を離れました。

2014-03-09b.jpg
海岸線を覆っていた松林が歯の折れた櫛のように隙間だらけ・・・

2014-03-09h.jpg
3年たって基礎だけを残した状態
津波に耐えた壊れた家がまだ残るこの地域は
災害危険区域に指定され居住禁止ということらしいです。

2014-03-09q.jpg
土地のかさ上げ工事は始まっていました。
2014-03-09r.jpg
これは土地の塩分を抜く作業でしょうか

荒浜を後にして名取市閖上地区へ向かいます。

唯一の小高い日和山にはたくさんの人々が訪問していました。
2014-03-09k.jpg
お念仏を唱えている団体もいます。
案内してくれた友人の話では、訪問するたびに整っているようです。
亡くなった方々の魂を慰められたら・・・
そう願う人々の気持ちが形になっていくのでしょうね。

2014-03-09p.jpg
(仙台観光のループルバス運転手さんから教えて頂いたスポット)
仙台駅前のアエルビル31Fから見た仙台の海岸線
建物のない様子がよくわかります。(ボケているから難しいかな~)

こうして仙台の一日が過ぎました。

ご自身も被災されて辛い思いをされたにもかかわらず
今回私の希望をかなえてくださった友人に感謝しています。
どうもありがとう。

次は気仙沼へ行きます。

3年

ボランティア・からくわ
03 /07 2014
次の日曜日から1年半ぶりに東北へ行きます。
いつもお世話になっている気仙沼の方を訪ねます。
ストラップを作っておられる方々が集う集会場へも行ってこようと思っています。

震災から3年、あのタンカーは解体されました。
気仙沼の今を見せてもらいたいと思います。

その前に、仙台の友人のお世話になりながら
仙台地区の海岸線にある慰霊碑を訪ねられたら思っています。

私が東北へ行くと知った方々が
支援の気持ちをいろいろな形で託されました
2014-03-07a.jpg
押絵、文学全集、そしてストラップ支援の写真などなど・・・

重いもの、大きいものはすでに送りました。
あとは受け取った気持ちを持って東北を訪ねてみようと思います。
その時の様子や気持ちをまた日記にできたら・・・と考えています。

ここへきてぐっと寒くなりました。
でも・・・支援してくださる皆様の気持ちがとてもあったかいです。

それがとてもうれしいです。

前回、レンタカーナビで気仙沼駅と指定したのに
津波で壊滅状態だった南気仙沼駅へ案内されたのです。
何度も何度も案内されたのです。

誰かが呼んでいるの?と思ったほどです。

行きは日本カモシカに逢う山道に入って行ってしまうし・・・トホホだったのです

今度はレンタカーナビに振り回されないぞ~!
と・・・・・・小さくこぶしを握る私です。

はい。

野鳥に逢えたら・・・・

ちゃも
03 /05 2014
ちゃもの散歩で野鳥にも会えたら二度おいしい

そんなことを考えてちょっと遠くへ出かけたけれど
世の中そんなにうまくいかない

ワンコと私の足音で野鳥は飛んでいく・・・

2014-03-04c.jpg
でも、ホオジロにあえた。
声だけなら、ヒワ?シジュウカラ?
あと数種類・・・

野鳥を見つけた~!と喜んでそ~っと近づく…
逃げない!
よし!

キジバト・ムクドリ~・ヒヨドリ・カラス・ウ
ひと慣れしている鳥たちばかり

ジョウビタキを見つけた~!
カメラを向けるとすぐに逃げてしまう。
警戒心強いね~。



2014-03-04d.jpg
ここは明治に堤防が決壊しているのですね

2014-03-04a.jpg
仔牛…かわいいね~

2014-03-04b.jpg
春が待ち遠しい散歩道

何度でも出かけて、たくさんの野鳥に逢えたらいいね。

san .i

ご訪問頂きありがとうございます。

山登りなどの自然との触れ合い。
ボランティア活動の事。
そして何気ない毎日の事をつらつらと書いています。毎日、自然体で過ごせたらいいなと願っています。

どうぞよろしくお願いします。

”ちゃものしっぽ”

嬉しい時くるくるしっぽを回し振りながら駆け寄ってきてくれた、以前飼っていた愛犬のしぐさが由来です。