スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害図上演習(DIG)

防災コーディネータ養成講座へ再び行ってまいりました。

何かお手伝いできれば・・・と思い参加しているのですが、実は私自身の勉強の意味合いも大きいのです。

今日は「災害図上演習(DIG)」です。

地図と地図の上にかける透明シート、ペンを用いて、危険が予測される地帯または事態をシートの上に書き込んでいく訓練のことです。

2013-08-31a.jpg
(この要領で塗ったり記入したりしていきます)

地図の上の透明シートに基本的なものに色を塗って行きます。
避難所はどこだろう?用水路が多いね~
道路は狭いんだ~、病院は?防災倉庫は?など、いろいろな声が出てきます。

2013-08-31c.jpg
(シュミレーション地図です)

自分たちの住んでいる町を改めて上から見ると?
見えなかったものが見えてくるものですね。
2013-08-31e.jpg
2013-08-31f.jpg
(川・病院・道路など次々塗られていきます)

地図が出来上がると、次は災害をシュミレーションします。

今回は水害のグループと地震のグループがありました。
2013-08-31b.jpg
(水害シュミレーションです)

自分は地図上のどの場所にいるか・・・自由に想定します。
災害が起きた後時系列で考えてみます
発生10秒後、貴方はどうしています?
発生30分後、どうしていますか?
発生24時間後、どうしていますか?

考えていくうちに、それぞれ問題点が出てきます。
家族の安否は?自分は避難所へ行く?
こういう問題はもちろんですが、今回は地域全体の問題点も考えました。

水害の時は・・・・町が分断される可能性があるね
高架橋があるけれど、車が渋滞するだろうか、人々も押し寄せるだろうか
地震の時は・・・・どうなる?
地元の人は避難所分かるけれど、地元じゃない人も分かるようにしないといけない。
それぞれグループで真剣に考えます。

このDIGは答えを導き出すものではありません。
受講されている人々の意識の中に、問題を可視化すること。
それも演習目的の一つです。

最近の雨の降り方は怖いほどです。
DIG演習を通して改めて考える機会を頂けたことに感謝しています。
今日で8月が終わります。

9月1日は防災の日ですね、どうか災害のない月でありますように。




スポンサーサイト

8月の伊吹山

8月の伊吹山

そろそろ伊吹山へ行きたいな~
サラシナショウマが綺麗に咲いているだろうなぁ~
そう思うと会いたくて、いてもたってもいられません。
天気予報を見て28日水曜日が登り時と決めました。

はい!あまちゃんを録画予約して車を走らせます。
いつもの駐車場に停め、店主のおかあさんに「気を付けて」とピーナッツを頂いて
元気百倍!
8時45分出発

1合目までは木々の間を歩きます
伊吹山の中で唯一木立の中の道です、夏は特に助かります。
所用時間25分、5分休憩してスタート。

2013-08-29a.jpg
(1合目途中から見た景色)

実はここから3合目までが一番しんどいと思います。
スキー場だったところをリュック担いで登るのですが、この急斜面は上級者用コース?
「伊吹はいつ登っても3合目までがほんとにしんどいね~」こんな声が頭の中をクルクル~。


3合目でススキと吾亦紅を見ました。前はカキツバタだったのに
季節は過ぎて行っているのだな~(シミジミ)

2013-08-29g.jpg
ツクツクボウシの声がススキ野原に響きます。

2013-08-29f.jpg
(キセワタ 環境省絶滅危惧Ⅱ種に指定されているそうです)
2013-08-29ga.jpg
(センニンソウ)

2013-08-29i.jpg
ガスが出てきて薄暗くひんやりした空気が秋を演出してくれます。

2013-08-29e.jpg
(4合目カンゾウの実が赤くなってきました)
2013-08-29d.jpg
(イタドリの花は意外と可愛いです)
2013-08-29j.jpg
(ガガイモの花)

5合目ガスが晴れてきました。
2013-08-29n.jpg
お天気は予報通り晴れのようです(ヨカッタ)
2013-08-29o.jpg
(シシウドにカモフラージュしている虫・・・見つけた~!)
2013-08-29o1.jpg
(サイズを大きくさらにズーム!)
2013-08-29q.jpg
(8合目あたりからクサボタンが群生して咲いています。)

クサボタンをどうしても上手に撮れません。
登って来る人の邪魔になるので、諦めて先へ行きます。
このあたりから岩場が多くなってきます「もうちょっとだよ、頑張って」声をかけてもらうと、
不思議と元気が出ます。

9合目
ここへ来るとお花畑がありますのですっかり頂上に着いた気分になります。
沢山の花々が迎えてくれました。
厳しい環境に耐えて咲く花々は本当にきれいです。
2013-08-29s.jpg
(コオニユリ)
2013-08-29t.jpg
(シモツケソウ)
2013-08-29u.jpg
(ワレモコウ)
2013-08-29v.jpg
(手前テンニンソウ 奥 イブキトリカブト)
2013-08-29y.jpg
(シオガマギク)

12時15分頂上到着。
所用時間3時間30分、頂上のお花をゆっくり楽しみます。

2013-08-29z15.jpg頂上からの景色

今日は琵琶湖の沖島・多景島・竹生島が見えました。

私の目の前を雲が通り過ぎて行きます。
雲より高いところで食べるおにぎりは、たとえ梅干だけであっても最高です。
(でもこの梅干し自家製なんだ~~フッフッフ~) ((自己満足です))

お花畑を散策すると会いたかったお花に会えました。
2013-08-29z14.jpg
(サラシナショウマ)

「サラシナショウマ」今日はこのお花に会いたくてやって来たのです。
涼しげに揺れるたくさんの白いサラシナショウマ。
ご褒美は予想を裏切らない最高に嬉しい物でした。

サラシナショウマ以外にもきれいなお花がいっぱいです。
2013-08-29z.jpg
(コイブキアザミとツマグロヒョウモン♂)
2013-08-29z11.jpg
(ルリトラノオ)
2013-08-29z16.jpg
(ニセイブキゼリとキアシドクガ?仲よく譲り合っています)

1時45分下山開始
8合目を過ぎたあたりで初老の男性とすれ違いました。
ハァハァ言いながらもニコニコです。
「ようやくここまで来れました。僕はね、恋人に会いに来たのですよ、この山は僕の彼女なのですよ」
笑顔でこうおっしゃいます。
「それは奇遇ですね、私もねこの山が恋人で彼氏だと思っているのです。素敵な山ですよね~。頂上まであと一息ですね、彼女が待っていますよ、お気をつけて登ってくださいね」

この会話にお互いが顔を見合わせて
「お互いの恋人だと取り合いになりますか?」
「いえいえ、彼と彼女なので取り合いにならないですね~」と大笑いして別れました。
山のご縁っていいな・・・嬉しくなって下山再開です。

2013-08-29za.jpg(7合目付近鳶が挨拶に?んな訳ないですね)
2013-0829zb.jpg(3合目の休憩所から振り向くと・・・秋の雲・空)

3時50分駐車場着

今日も多くの花と人と出会えた楽しい登山でした。

いびがわウォーキング



11月10日に日本陸上競技連盟公認のいびがわマラソンが開催されます。
そのいびがわマラソンと同時開催されるいびがわウォーキング。
3㎞を55分でゴールするように歩きます。

秋の揖斐川沿いはきっと紅葉がきれいだろうなぁとウキウキします。

事前受付は8月1日から始まっていて
先着1000名はどのくらい埋まったの?
ちょっと心配しながら、さっそく申し込んできました。

まだ余裕ありました。(ヨカッタ~)
2013-08-26.jpg

参加費用1000円

Tシャツ頂きました。(フッフッフ)これを着て歩きます。

女優の「西田ひかる」さんがウォーキングに参加するんですって
それも素敵だけど
時間内にゴールできたら、北海道芽室産のジャガイモを頂けるんですって。
こちらも魅力的です。

これは頑張るしかないです。
はい!


今朝は涼しくて、先日までの暑さもひと段落したようです。
体温を超すような気温の日々は終わりだとうれしいです。

2013-08-26a.jpg

今朝の日の出はちょっと秋模様・・・・。

避難所運営

防災士養成講座が開かれています。

講義の中に『避難所運営 シュミレーション』があり
お手伝いできることがあれば・・・・と参加してきました。

・災害発生 (地震震度6強) 建物倒壊 火災発生 
・倒壊家屋 火災延焼の危険性のある地域からの避難が始まった。
・避難所 小・中学校校舎とする。
・休校日で学校職員はいない。
・避難所運営マニュアルは策定されているけれど運営委員は一部しか到着していない。
・避難者が続々到着し、状況などから速やかに収容する必要がある。

これらを踏まえて
体育館に避難者の収容方法を考えていきます。

いきなり体育館に好きな場所に入ってもらう?
それでは困りますので、体育館の図面を見てもらい何が必要か考えてもらいます
『通路』これが必要であると皆さん分かっておられました。(さすがですね)

通路は体育館の中にどのように決めますか?
幅はどのくらいと想定しますか?
縦一本、十字、細かく張り巡らせるなど、いろいろな意見がある中、避難者が到着します。

2013-08-24g.jpg
(廃棄処分の体育館図頂いてきました)


2013-08-24b.jpg
(学校の中。教室や会議室などのカードと避難者カード)
このカードを図面の上に置いていき、収容の仕方を考えます。

2013-08-24c.jpg
(学校内部のカード 一部です)

最初は、1人家族・2人家族・3人家族・4人家族
高齢者(寝たきり)・乳児連れ (幼児あり) ペット連れ(小型犬一緒にいたい)
など、いろいろなパターンで避難者がやって来ます。

2013-08-24d.jpg
(最初に避難すると想定した避難者カードです)

最初のグループは体育館のスペースもありますから、対応しやすいようですが、グループ内の意見がなかなか一致しない所もありました。

次々と避難者はやって来ます。
インフルエンザ疑い家族、頭部負傷幼児、3世代家族、重傷負傷者、外国人居住者、車いす利用障がい者(本当にさまざまなパターンです)


体育館の中に入ってもらうのか、教室に入ってもらうのか…皆さん悩みます。

時間経過とともにさらに避難者はやって来ます。
企業独身寮生、観光バスなど大人数の避難者そしてクレーマーも・・・・
人数は200人近くになるでしょうか…

さぁどうしましょう。
体育館の図面が次々と避難者カードで埋まってしまいます。
入れるスペースは、もう無いように見えます。

力の強そうな人、大きな声で脅し我を通そうとする人が有利になるのではないか
避難所を運営することの難しさを、参加された皆さん感じていたのではないでしょうか

そういう私も感じました。
要援護者はもちろん、ペット(小型犬・大型犬・猫・カメ・ウサギなど)をどう扱うか、
誰もが少しでも気持ちよく過ごせる避難所はどうあるべきか、
避難所生活が1~2日なら我慢できることも、長丁場になるといったいどうなるの?

マニュアルがすでにあっても、災害時どのような条件になるかは不透明です。

防災の担当者、一般地域住民、健常な人、災害弱者など様々な人が協力して避難所を開設し、円滑に運営できるようになるには・・・・・?

円滑に運営…難しいですね。
こういうシュミレーションに参加できたら少しでも意見を発すること、そして他人の意見に耳を傾ける事が(災害時に限った事ではありませんが)特に大切ではないかと感じました。
数学の答えのような正解はありません。でも議論の中に円滑な運営のヒントが隠れているような気がします。

機会があれば何度でもシュミレーションを体験してみたいと思いました。


※『避難所運営シュミレーション』はNPO法人 都市防災研究会が推進している地域減災のための手法です。


我が家にもペットはいます。
2013-08-24f.jpg
写真を撮ろうとすると、入ってきます。
今は笑って「邪魔だよー」と言えますが・・・・。

ブルーベリー狩り

暑い毎日家に閉じこもってPCを眺めるか
テレビで甲子園の熱戦を見るか
最近は目を酷使しています。

ひょんなことから
車で一時間ほどの所にブルーベリー農園があると知りました。

では
行ってみよ―!!

2013-08-18a.jpg
驚くことにブルーベリー農園の周りのたんぼは刈り取り作業の真っ最中!

早稲でしょうか、今年の出来はどうでしょうか
連日暑いし
雨もあまり降らないし
美味しいお米が出来ているといいな

2013-08-18e.jpg
ブルーベリー園は田んぼの真ん中にありました。

受付を済ませて、
「1時間・摘み取り食べ放題」へ出発

お日様ギラギラでも
汗が流れても
とにかく食べる食べる
2013-08-18c.jpg
美味しいなぁ~、ブルーベリー

2013-08-18d.jpg
甘いなぁ~、ブルーベリー

ある程度お腹がいっぱいになったら次はバケツに入れて
お持ち帰りの摘み取りをしてきました。
(1㎏以上の摘み取りだと定価の10%割引になるとのこと)

沢山ブルベリーを体に取り込んだので
またPCで遊べるね。
甲子園観戦できるね。



ね~ちゃも。

2013-08-18g.jpg


・・・・・・

ちゃもはPCもテレビも興味なかったね~

乗鞍岳登山

お花畑で知られている乗鞍畳平へ行って来ました。
山天気の予報は夕方6時ごろから雨となっています。
雨が降ったら中止して温泉を楽しむつもりで出かけてきました。

RIMG0012.jpg
(早朝の太陽は穏やかな顔をしています)

5時過ぎ自宅出発
8時30分 ほうの木平駐車場からシャトルバスに乗り畳平へ
9時20分 乗鞍岳畳平到着
2013-08-15f1.jpg
(お花畑から見るバスセンター)

バスで楽に行けても標高2702mです。じっとしていると寒いのでヤッケを羽織ります。
「いきなり登山を開始すると高山病の危険があるので、30分くらいは呼吸を慣らしましょう」この注意を守って
まずお花畑をゆっくりと観賞しました。

畳平のお花畑は高山植物がいっぱい咲いていました。
2013-08-15c.jpg
シナノオトギリソウ

2013-08-15a.jpg
ウサギギク

2013-08-15aa.jpg
コマクサ

2013-08-15cc.jpg
イワギキョウ

2013-08-15f.jpg
チングルマの綿毛

2013-08-15i.jpg
イワツメグサ

2013-08-15m.jpg
コウメバチソウ・・・・
雲上の世界は本当に癒されます。クロユリを見つけられなかったことが残念ですが、多くのお花に会いました。

10時過ぎ出発! 
畳平 → 

2013-08-15i1.jpg
鶴ヶ池(全体を見ます) → 

2013-08-15j1.jpg
不消ヶ池(横目に見ながら…碧さが違うなぁ~) →

2013-08-15l1.jpg
肩の小屋(お昼ご飯)赤いお屋根が肩の小屋です →   

朝日岳(2975m) → 蚕玉(こだま)岳(2979m)→ 剣ヶ峰(3026m) → 富士見岳(2817m) → 畳平
15時到着

鶴ヶ池辺りはバスでやって来た人もいますので、底高サンダルやスーツ姿の人も見られ
色いろな人が自分のスタイルで自然を楽しんでいました。

2013-08-15k1.jpg
先へ行くと、雪を残した斜面をスキーしている人がいました。(写真では分かりにくいですね)

子どもを背負ったお母さんに会いました。
スニーカーで登っている若者に会いました。
山はいろいろな人を黙って受け入れていました。

そんな懐の深い自然を、私達「チーム・アリさん」はたくさんの時間を使って楽しみました。
(早く登ることができなかっただけ・・・・という表現もありますが…)

肩の小屋から見る剣ヶ峰の頂上は高く、遠く感じて「あそこへ行けるのかな~」と不安になります。
2013-08-15m1.jpg
頂上の剣ヶ峰は見えませんね


2013-08-15n1.jpg
(登山口を少し歩くとこんな道が…)

でも自分たちのペースをつかめるといつものパターンです。

2013-08-15q1.jpg
蚕玉岳からみる剣ヶ峰(一番先の神社を目指します。)
今回もいつの間にかたどり着くことが出来ました。(うれしです~!)

2013-08-15r1.jpg
順番待ちして撮れた一枚。
やっとたどり着いた頂上はラッシュ!頂上の広さに対して登頂した人が多くて記念撮影は順番待ちです。大勢の人々が登頂を喜んでいました。

下山後、ほうの木平駐車場前に温泉があったので入って来ました、疲れをさっぱり流してご機嫌さんとくれば・・・・次は「食」です、高山の名物「板蔵ラーメン」を食べてきました。

RIMG0205.jpg
細縮麺のしょうゆ味で美味しかった~!
ますますご機嫌さんです。

帰宅途中突然の豪雨となりましたが、雨雲を抜けると路面も濡れていません。
局地的な雨だったようです。(怖いほどの雨でした…)


転ぶことなく・・・・高山病にかかることなく・・・・
無事に帰宅することが出来たことに感謝。

不消ヶ池の雪渓と水の碧さ、コマクサやチングルマにも出会えました。
たくさんのご褒美を頂いた本当に楽しい登山でした。

夕焼けとツバメたち

最近は暑くてワンコの散歩は夕方6時過ぎ
夕焼け小焼けの時間です。

カラスが群れなして、西(?)へ向かいます
カラスも巣立ちが終わったのか、艶のいい若いカラスがいっぱいです

カラスの群れの後はツバメの群れです。
南へ旅立つ前に、練習しているのでしょうか?
ざっと数えて20数羽います。
2013-08-14b.jpg
(数羽しか写せませんでした)

ツバメも暑いから日中は飛ばないのかな?
南へ帰るツバメだけれど・・・・この暑さは耐えられないのかな~。


2013-08-14a.jpg
夕方の心地よい風に吹かれて、夕焼けの空とお月様そしてツバメを楽しむ・・・・
最近のひそかな楽しみ、贅沢なひと時です。

やっとわかった

庭にある花の名前
分からないまま育てていました。

実家にあった花
盆の頃になると大きくなり綺麗な黄色の花が咲いて
盆の期間中毎日お墓参りする習慣がある実家ですが
この花を切って持って行きました。

そういえば・・・・ボンバナ(盆花)と言っていたっけ

園芸店をふらっと覗いたときに見つけて、ついつい買いました。
時折、ご近所さんに「その花の名前はなぁに?」と訊ねられても
なんだっけ?としか言えなかったこのお花

「花笠菊」なのです。(やっとわかりました)

2013-08-09d.jpg
毎日暑い日が続いても、花笠菊は元気に咲いています。

2013-08-09a.jpg
日の出は少しずつ遅くなり(今日の日の出です)

2013-08-09b.jpg
朝の散歩では高砂百合に出会えたり.


2013-08-09c.jpg
蒲の穂もスッと伸びています。

百舌鳥もおしゃべりしだしました。

日中は撮っても暑いけれど
ほんの少しずつ季節は進んでいますね。

涼しい家の中にいてこんなこと言っちゃ申し訳ないけれど
あと少し、暑さに負けずにがんばろう・・・っと。

立秋

残暑お見舞い申し上げます。

もうちょっと(猛暑っと)暑い日が続きます。
頑張りましょうね。

と、ちゃもは朝の散歩で、仲良しのワンコにご挨拶したとかしないとか・・・・・・。

2013-08-07.jpg

烏帽子岳登山(鈴鹿山脈北部)

岐阜県と三重県の県境にある烏帽子岳
大垣市上石津町と大垣山岳協会が共同開発した「細野新道」から烏帽子岳登山へ行ってきました。

国道365号を三重県に向かって走って行けば、看板がたくさん出ているはずなのですが・・・・
わからない~三重県に入ってしまった~!行きすぎです。急いでUターン・・・
あった!三重県側からだと看板は分かりやすかったです。

2013-08-04a.jpg
駐車場に到着

2013-08-04c.jpg
登山開始 あの頂上を目指します。

池の側を通り抜けて山道に入ります。

2013-08-04f.jpg
目につくのは木の皮剥ぎ。藪椿が被害にあっているようでした。(鹿?爪痕が見えました)


2013-08-04d.jpg
第一見晴らしポイント、ここで休憩します。

2013-08-04e.jpg
おや?これは悪名高いヤマビル!用は無いですよ。

2013-08-04h.jpg
第二見晴らしポイント、ちょっと霞んでいますが水蓮湖が見えます。


2013-08-04g.jpg
光る虫発見!これは・・・フンコロガシ?
じゃぁこの糞は鹿の糞?(奈良公園で有名と聞いていましたのでついつい)

2013-08-04i.jpg
第三見晴らしポイント、景色がだんだん広がっていきます。

2013-08-04k.jpg
第四見晴らしポイント、頂上まであと少しかな?

2013-08-04m.jpg
分岐点では大岩ルートを選択もう一方の展望ルートは下山時に行きます。


2013-08-04l.jpg
確かに大きな岩でした。

2013-08-04s.jpg
下山時の展望ルート、気持ちいい景色でした。

合流地点でオットットは長い休憩が必要だといいます。
1人で頂上を目指すと、あらま~5分ほどで頂上に着きました。
オットットが休んでいる場所へ戻り、お昼ご飯を・・・と思いきや頂上へ行くと言います。
じゃぁ、行きますか~?はい。もう一度頂上目指します。

2013-08-04n.jpg
2013-08-04o.jpg
頂上到着~!!(おめでとー)

頂上でお弁当を食べて、時間を見ると・・・12時20分3時間半かかりました。(わ~!驚き~)
山頂に若者3人がやって来ました、彼らは発信されている情報通りに1時間半で登れたそうです
(若いっていいな~)

でも私達はこのペースでいいのです(もうちょっと早くてもいいけれど・・・・)
とーってもマイペースな私達を「ちーむありさん」と名付けました。(カメさんの方がよかったかな?)

さて下山開始。

2013-08-04z
綺麗な蝶々ムラサキシジミ?がお見送り(ありがとう~)

2013-08-04p.jpg
トンボも名残惜しそうに見送ってくれます。(また来るね~)

落ち葉が溜まって乾いています。
滑りやすくて危ないです、斜面を石ころがどんどん下まで転がって行ってしまいます。
慎重に一歩一歩、歩いて行きます。

足が痛いとオットットが言います。
どれどれと靴を抜いで見ると痛いところは何もなっていません
やれやれ~よかったね~とふと靴下を見ると・・・・
「おぉ~!流血! もしやこれが噂の「気が付けば流血事件!」??

2013-08-04r.jpg
ヤマビルは痛みも何も感じない成分を出しながら吸血するそうです。

お腹いっぱいになるとコロンと剥がれていなくなるといわれています。
探したけれどヤマビルはいませんでした。
でも、血が止まりません、ヤマビルから出る成分は血を止めにくい成分もあるそうです。
おまけにオットットは血液サラサラになるお薬も飲んでいます(止まるわけないよね)
持ってきた消毒コットンで拭き、バンドエイドしてOK!再び歩き出します。

虫よけの薬を掛けても、足カバーを付けても、ヤマビルは忍び寄ってくるのですね(怖いですね~)
オットットは少し歩いて倍休むと言う感じで止まっていた時間が長かったので、入りやすかったのでしょう。

あと少しと言うところで蛇を見かけました。
怖くて写真撮れませんでしたが、体の首の周りが黄色、体に黒と赤の市松模様!
これはヤマガカシ?毒蛇よね!っと指を指してしまった!!(ヒャー!)

確か蛇を指さしたら、その指が腐ると子供の頃に言われました!
急いで自分で人差し指を踏んだけれど、ハッと気が付く!
確か人に踏んでもらうんだっけ?
ということでオットットに人差し指を踏んでもらいました。
(これがなかなかしっかり踏んでくれない~。)
何度もやり直してしっかり踏んでもらって安心安心(*^^*)

何の効果もないのは分かっているけれど
小さい頃に聞いた言い伝えは身に染みています。

駐車場に着いて、烏帽子岳登山終了~
仲間と登るために下見に来た男性が所用時間やヤマビルについて尋ねてこられました
話しているうちにやっぱり山は楽しかったなぁ~と思いました。

登山開始8時50分
頂上到着12時20分
下山開始12時50分
駐車場到着15時20分

登り3時間半
下り2時間半
合計6時間

楽しい登山でした。

花火大会

最近のお天気は驚くばかりです。

突然の豪雨で花火大会が中止になったとニュースで告げていました。

先日こちらの地方で花火大会が開催され、最後まで打ち上げる事が出来たようです。

2013-08-02g.jpg
形が歪です。

2013-08-02f.jpg
私が一番好きな花火です。

2013-08-02d.jpg
中の色が青かったり…赤かったり・・種類はいろいろあるみたいです。

2013-08-02b.jpg
スターマインの開始!

2013-08-02a.jpg
綺麗に撮れてちょっと満足です。

ちゃもは年をとってきて耳が遠くなったみたいです。
以前ほど吠えません。

聞こえないだけかな?
それとも大人になって、花火に吠えても仕方ないと悟ったかな?

2013-08-02h.jpg

何か言いたそうなちゃもです。

「はっきり言わないと分かんないよ~」
なぁんてね。(*^▽^*)

舞妓さんも…

3・11以来、いろいろな地域でボランティア活動させて貰った私は、今は「唐桑ストラップ」と繋がっています。
私の力はとても微力ですが、「何かしたい」という気持ちは今も確実に広がっています。


先日、ストラップを求めてくださったからからメールがきました。

ストラップはフランスへ行き、
舞妓さんの手元にも届き、
手習いに来られる子供さんの手元にも届くという事です。


皆さまご協力本当にありがとうございます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。