スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜叉ヶ池マラニック

二日間で135㎞を走る・登る・歩く・楽しむ
「夜叉ヶ池マラニック」初めてボランティアで参加しました。
参加される人々はどんな人々?と思っていましたが
皆さん無駄なお肉はなく、テレビでみるマラソンランナーそのものでした。

1日目
JR東海道線の事故で電車が止まったようです。
受付の済んでいない人がたくさんおられました・・・皆さんどうなさったのでしょうか?

2013-07-27c.jpg
スタート前に軍手の中に氷を入れ頭にのせます。

2013-07-27p
開会式を待つ皆さん

2013-07-27b.jpg
スタート前、ほら貝の音が響くなか竜神の舞が披露され大会の成功を祈念されました。
私はスタート前の仕事を終え、次の地点へ向かいました。

2013-07-27d.jpg
歴史ある建物ですね、ここに給水エイドを設置します。

2013-07-27l.jpg
トンボも密かに応援しているのでしょうか

2013-07-27m.jpg
藪みょうがの花が涼しさを演出してくれます。

暑い中、走ってこられる選手の皆さんに提供できるものはいろいろあります。
笑顔と拍手と、品物色々そして冷たい水です。

2013-07-27i.jpg
黄色いスイカも待っています。

このエイドは地下水をくみ上げて流しています。
地下水を頭からかぶり、「ひゃー!冷たい!」と喜んで(?)頂き
次へ向けて再び走り出していました。
この炎天下のなか、時には被り物をして参加される方もおられました。(凄~いタフガイ!)
午後3時前、皆さん通過されてエイド終了です。
また明日、ここに来て、夜叉ヶ池から降りてこられるランナーを迎えます。

2日目
今日はさらに気温が上がりそうです。
朝9時過ぎ、エイドの準備を始めます。
いろいろな地点にタイムの関門があるようです。
皆さん、突破できるといいのですが・・・・
山から下りてきたところに第一関門があります、例年ここが山場(?)
今年は何人突破できるのでしょうか・・・・
そうこうしていると、トップランナーが走って来ます。
嬉しいですね~、元気にエイドに来られました。

二日目は炭酸飲料を求める方が多くいました。
疲れた体がシャキッとする感じなのでしょうか
温かいお茶を求められる方もいました。
山から下りて、各エイドで冷たいものを摂られた反動でしょうか

2013-07-27k.jpg
希望のものを摂取してもらえるようにあれこれ揃えました。

アクシデントが無いように、スタッフも巡回しています。
時にはボランティア参加初めての私に「どう?」と感想を訪ねてこられます。
「しんどい思いをしているランナーの方には申し訳ないのですが、本当に楽しいです。」
こう答えますと、エイドに来られたランナーの方が
「いやいや、参加して走るともっと楽しいよ」と切り返してくれます。

『そっか~参加すると楽しいのか~』なんて、その気になっても駄目です。
参加するには、フルマラソンを何回とかマラソンタイムがどうかとかクリアすべきものがあるのです。私は来年もボランティアで参加したいと思っています。

大会参加者の平均年齢は52歳ですが
70代の方も10人以上おられます、女性もたくさん参加されています。
みなさん本当にお元気で、強者ぞろいでした。
中でも驚いたのはサンダルで夜叉ヶ池に登り、走っておられる方がいました。
このサンダルは、アウトドア専門のサンダルなのだそうです。
だから決して無謀なわけではないのですがとても驚きました。
2013-07-27o1.jpg

2013-07-27o2.jpg
強者ですね
写真撮らせていただき、ブログアップの許可頂きました。

前日から含めて3日間ほぼ立ちっぱなし、大会の二日間は屋外で立っていたので足がパンパン!
とても疲れてしまいました。走る人も支える人も皆が強者と・・・・初参加の私はそう思いました。


スポンサーサイト

手をあげよう。(Raise Your Hand)

私が長年参加しているボランティア団体に「公益財団法人プラン・ジャパン」があります。
その活動内容は様々なものがありますが、「Because I am a Girl」というものがあります。

『 女の子だから、10代で結婚させられる。
女の子だから、学校に行かせてもらえない。
女の子だから、暴力をふるわれて文句も言えない。


   中略

Because I am a Girl(女の子だから)
その後に来る言葉は、
私たちの力で変えられる未来です。』
                  プランジャパンHPより

Because I am a Girl(女の子だから)
この活動の一つとして、世界の女の子が学校教育を受けられるように応援する、
世界規模のアクション「Raise Your Hand ~世界の女の子のために手を上げよう!~」という運動があります。
これまでは「手を挙げた写真が必要」だったので参加をためらっていましたが
最近署名用紙が届きました。これなら参加できます。

2013-07-25a.jpg


パキスタンのマララ・ユサフザイさんは11歳の時、タリバーンによる女子校の破壊活動を批判、女性への教育の必要性や平和を訴える活動を続け、欧米から注目され15歳の時に襲撃されました。
彼女はとても勇気のある女性です。
彼女ほどの勇気はないけれど、署名と言う形で参加できる事を幸せに思います。

7月の伊吹山

夏の伊吹山はお花畑、色とりどりでとてもきれいと言われます。
6月に2度登った、あれ以来登っていない・・・・
しかも二回目は雨の登山で頂上の視界は3m?・5m?トイレの建物を探すのも感覚でした。
お花畑を楽しむことはもちろん無理、「雨の登山を体験できてよしとしましょう。」こんな登山でした。
前回、天気予報を念入りにチェックしても外れたのです。
山の天気は予報はあくまでも予報という事で更に念入りに準備しました。

では、お花畑の伊吹山へGO!
夏休みに入って初めての月曜日、家族連れがおおいかな?と思ったけれどそうでもなく静かな登山となりました。

2013-07-22a.jpg
2合目までのゲレンデにはルドベキアが咲き乱れていました。
植物ガイドには出ていなかったのですが、ちょっとしたボーナスを頂いた気分になりました。

2013-07-22aa.jpg
ガスが出てきてちょっと不安・・・・。

3合目でガスが出てきました(前回より視界はいいのですが)
今より酷くなったら中止にしようと決め、先へ行くことにしました。
ここのユウスゲは満開まであと少しかかりそうですが
綺麗に咲いていました。結集する力を見た気がします。

5合目ここには自動販売機があります。
今日は蒸し暑い日になり、多めに持ってきた水が残りわずかです。(念入りに準備たはずなのに)
自販機には水は置いてなかったのですがなんと、お店が開いています。
(いつもしまっていて、お店だと気が付かなかったです)
店の中に水がありましたのでさっそく補給します。

6合目から7合目あたりでいつも思うのです。
今日は頂上へ行けるかな~?
帰宅時間を考えると、このあたりで下山かな?
それでもいいから行けるところまで行くと思い登山を続けると、いつの間にか頂上だったという事が多いです。

2013-07-22i.jpg
8合目付近のカラマツソウ

2013-07-22g.jpg
岩場のイブキジャコウソウ(匂いを楽しみ事をしませんでした残念~!)

2013-07-22k.jpg
ガスに濡れたシュロソウ

頂上は風が強くガスは薄くなっているようです。でも琵琶湖は見えません(残念~)
それでもシシウド・キバナカワラマツ・トモエソウ・シモツケソウ・キヌタソウ・メタカラコウ・カワラナデシコ・オオバギボウシなどお花は十分楽しめました。

2013-07-22s.jpg
頂上のお花畑(イブキトラノオとキンバイソウ)

2013-07-22t.jpg
クガイソウとフウロ

2013-07-22l.jpg
イブキフウロ 可愛いです。

風に吹かれても咲く山頂の花に生きる力を貰います。
「あるがままそのままでいいよ」花々が話しかけてくれているような・・・そんな気になって、自己満足の瞬間です。



さて・・・下山開始です。
慌てず、急がず慎重に下りないと。

7合目あたりから視界が広がり、お日様が出てきました。
蒸し暑さに日差しも加わりました。

2013-07-22u.jpg
陽ざしの中で見るシュロソウ

2013-07-22z.jpg
すっかり晴れ上がった5合目

2013-07-22v.jpg
3合目のユウスゲの群生 青空に似合います。

花の写真を撮りながら
上野口8:20分スタート
5合目10:00
頂上12:25分
登り4時間05分

下山13:50分
5合目15:00分
上野口16:20分
下り2時間30分

写真を撮りながら楽しんで登った分の時間が増えましたが、楽しい登山でした。

それにしても…皆さん早いです。(羨ましいほどのタフさです)
写真を撮っても4時間以内に登れたらなぁと思います。もう少し脚力を付けないといけませんね~。



届くといいね。

「からくわストラップ」はたくさんの方が協力支援してくださいました。
私がお渡しした地域はこれまでに…

埼玉県
神奈川県
岐阜県
愛知県
京都府
大阪府
兵庫県
広島県
山口県
福岡県

みなさん本当にありがとうございます。
小さな輪がいつの間にかこんなに広がっていました。
自分でも驚いています。
何のとりえもない私が始めたことが、こんなに広がるなんて・・・・
続ける事の大切さを改めて感じている今日この頃です。

(私が関わったのはこの地域の方々ですが、ここにない県の方もそれぞれの形で応援されていると思っています)


そして、今度は香港の方の手元へ行くことになりました。

岐阜県の大学で日本語を教えておられる先生がおられます。
私が受講している日本語指導ボランティア講座を担当されている先生であり
からくわ支援の輪をたくさん広げてくださったK先生です。

このK先生が学生さんにプレゼントをするために求められたのですが
香港の学生さんは「自分で購入したい」と申し出てくれたそうです。

何かしたい気持ちに国は関係ないのでしょうね。
本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

そういえば・・・・
いつもお世話になっている唐桑町福祉の里C棟代表の馬場さんが新聞のコピーを送ってくれました。
唐桑へボランティアに入った学生さんが中国の元ハンセン病患者さんが住む村へボランティアに出かけた時、元患者さんたちが何かできないかと、気持ちを込めて横断幕にメッセージを書いてくれました。その横断幕がC棟の談話室に掲げられました。
それが新聞に掲載されたのです。

2013-07-19b.jpg


人を思う気持ちは皆、どの国でもどの立場でも同じなのですね。

どんな状況でも一人じゃない
何かしたいと思っている人はいます。

そのメッセージを届けるためにこれからも、ゆっくり続けたいと思います。

改めて協力してくださった皆様
ほんとうにありがとうございます。



これからも細々と続けるぞ~っと・・・。


色いろ

少しの時間を見つけて
孫の言う「オレンジの電車」に乗って来ました。


2013-07-16d.jpg

「黄色の電車」と思っていたのですが、こちらは山陽本線でした。

2013-07-06b.jpg

乗ったのはアストラムライン、オレンジの電車です。
この違い、電車好きの孫には大切なのです
もちろん、電車好きの私にも大切なのです。(はい)
各駅オレンジの色が溢れているのですが
終点は紫色に染まっていました。
どうして?

2013-07-16a.jpg

そこは広島サンフレッチェの本拠地スタジアムの最寄駅だから
駅の中も紫なのです。(ちょっと見にくいのですが…ドアもベンチも紫なのです)


そして・・・・最後は土色
庭にオリーブの木を植えました。
シマトネリコも植えました。

2013-07-16c.jpg

小さいけれど、孫と一緒にすくすく育ってくれるといいなぁ~
願いを込めて植えてきました。

孫と過ごせた楽しい時間が終わりました。
また会いに行くね。

広島県で、からくわストラップを応援してくださる方に
ストラップをお渡しすることができました。
ありがとうございます。

小さな輪がまた広がりました。
これは・・・虹色ですね。

日の出の時間

ぎっくり腰治りました
chamo のエリザベスカラーも外れました。

孫のところへ行く予定だったのですが
まるで計ったように治りました。
気合で治した?
chamo ありがとう!

気分よく孫に会いにやってきました。
ところが、途中連絡入りました、孫が発熱している様子。
「あらま~大変」家に着くと元気だけど体が火照っている孫がいました。

あれから3日目、まだ熱が引きません。
こじらせてはいけないのでしっかり治さないとね。

孫と一緒に家の中でおとなしくしていないといけないのですが
早朝は私の時間です。
毎朝5時からウォーキングをしています。
気持ちいいです。

近くの川沿いを歩くのですが
川は毎日違う顔を見せてくれます
時間によっても違うのでしょうね
日の出の時間に川が紅く染まるその時間
一瞬ですがとてもきれいなのです

2013-07-10a.jpg

歩くのを忘れて写真を撮ってしまいました。

庭の草むしりをしているとカニがいました。
「えっ!?カニ?」
名前はヒライソガニというらしいです。
植木鉢の隅や日陰などにたくさんいます。

「写真を撮るだけだからおとなしくして」と頼んだのですが
あまり通じませんでした。(あたりまえか~)


2013-07-10b.jpg
それでも撮らせてもらえました。(ありがとう)


暑いけれど
街中だけど
自然あふれる
ここはいい場所です。

2013-07-10c.jpg

アオサギの子どもみたいです
上手にえさを捕れるかな?(がんばれ~)

今週いっぱいいる予定なのですが
お熱下がるかな?

お熱下がったら一緒に「日の出のお散歩」できるといいね。



夜叉ヶ池マラニック

この言葉、初めて知りました。
「マラソン」と「ピクニック」と足した造語で、タイムを競うのではなくそれぞれのペースで踏破するものだそうです。
7月27日(土)28日(日)この両日をかけて「夜叉ヶ池マラニック」が開催されます。

『この大会は1300年続く”雨乞い伝説”の道程を、先人を偲びながら自らの足で追体験する事を
目的とし、伝説発祥の地、安八郡神戸町より龍神が棲むという山上の池、夜叉ヶ池(標高1105m)
までの往復(約135km)をマラニックにて踏破するものである。』   夜叉ヶ池マラニックHPより

ご縁があってボランティアに参加することになりました。
今日初めて実行委員会に参加しましたが、議論白熱しています。

あの夜叉ヶ池まで走り抜けるなんて・・・参加される方は皆さんつわものでしょうね。

ボランティアとして参加できるなんて光栄です。

まずは・・・ぎっくり腰をしっかり治さないとね。


事故なく楽しめますように・・・・。

がんばっつぉ唐桑

最近はお祭りや、人の集まる場所での販売はしていないのですが
からくわストラップを販売し続けています。

支援したいとお声がかかりますとストラップを片手に会いに行きます。
時には郵送します。(ありがとうございます。)

6月7月はお寺さんとご縁がありました。
岐阜市内のお寺のご住職さんの奥様、お庫裡さんが
ストラップにご理解してくださっているのです。(感謝です)
さっそく会いに行っていました。

からくわストラップは 「からく輪」と表現します。
からくわストラップがなければ出会わなかった。
そう思うと感慨深いものがあります。

2013-07-03e.jpg
がんばっつぉ唐桑。次の出会いはどんなんかな~?



さて、ちゃもは・・・・?

2013-07-03f

7月1日
付けたエリザベスカラーを壁に頭突きして変形させて、傷口をなめる事を覚えました。(え~っ!)
動物病院の先生と相談して、段ボールでかさ上げすることにしました。

2013-07-03b.jpg
7月2日
段ボールは上手に丸く出来ないので、切れ目ができます。
またまた頭突きをして変形させてその切れ目から、顔をだして・・・傷口をなめます

段ボールはトンガリもあるので、時には傷口を傷つけてしまい、何をしているのか分からなくなります。今日は動物病院お休み・・・・困ったなぁ~

そこで・・・・
7月3日・ペットショップで大き目のエリザベスカラーを買いました。
なんともかわいそうな姿です。

2013-07-03a.jpg
(重いよね、ごめんよ~)

でも…これだと頭突きしても変形できません。
もう舐める事はできません
治る日は近いかな?
舐めなくなったら早く治るから頑張ろうね。

エリザベスカラーにチャレンジ(?)

7月です。

一年の後半の始まり
7月1日月曜日

頑張るぞーと思ったのに・・・・ぎっくり腰になってしまいました。
水やりのホースが重い~。

散歩して足を傷つけ、化膿させてしまったちゃもを病院へ連れて行くのですが
これも重い~。

先週の金曜日からお医者さんにかかっているのですが
良くならない・・・(舐めるんだものね~)
今日はついに、エリザベスカラーをつける事になりました。

2013-07-01d.jpg


歩くとき臭いをかごうとするけれどゴン!
横を向いてゴン!
下を向いてズズーゴン!
やりにくいらしいです。(当たり前ですが・・・・)

八つ当たり気味に吠えていたのですが
無視~
あきらめておとなしくなりました。

早く良くなってカラーを外したいね。

昨日の散歩で、にんにくの花?坊主?を見かけました。
2013-07-01b.jpg

キジ・カルガモ・ケリ・ツバメ・カラス
それぞれ子育ての時期が終わりごろ?
以前はうっかり巣の近くを歩いてしまって相手を刺激したようです。
攻撃的な場面もあったのですが、最近は随分おとなしくなった気がします。

2013-07-01a.jpg


おとなしさの種類がちゃもとは違いますね。

私もおとなしくして、ぎっくり腰をなおさないと!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。