唐桑から風が吹く

ボランティア・からくわ
04 /30 2013
からくわストラップでいつもお世話になっている友人、国昭さんから『カエル塾が綺麗になったよ~』とメールが届きました。ご自身被災されているのに、ボランティアで訪れる私たちに気を配ってくださりいつでも明るくもてなしてくれる国昭さんです。

現地入りするボランティアに『あっとほーむな唐桑ボランティア団サポート小屋』として場所を提供されてきました。そのサポート小屋の通称が「カエル塾」です。

最初はアンパンマン亭でスタートしたと思います。(2011年8月)
2013-04-30c.jpg

道行く人を温かく見守って来たアンパンマンがその役目を終えたのが去年でした。
“アンパンマン”からバトンを引き継いだのが“カエル君”でした。

この「カエル塾」が受け入れてきたボランティアの人数は、2800人以上という事実があります。その懐の深さに惹かれて、何人ものボランティアが何度も訪れました。(私もそのうちの一人です)
この活動が地元の新聞にも掲載されました。
(2013年4月地元紙)
2013-04-30b.jpg

先日東京から30人近くのアーティストが集まり、カエル塾の壁面に芸術的な絵を描くというイベントがありました。

この製作者の中に"J"さんというグラフィックデザイナーがいます。
2011年震災の年に私が気仙沼市唐桑へ出かけた時、飛び込みだったにもかかわらず
ワーク(ボランティア)を一緒にさせてくださった人です。グラフィックデザイナーの彼らしい活動を耳にして『みんな自分のできる事を見つけて、頑張っているんだなぁ~』と感じ、その活動がとても嬉しいです。
(2013年4月)
2013-04-30a.jpg


とてもきれいな出来上がりですね~流石です!!

私はストラップを代理販売することしか出来ないけれど・・・・
今、自分にできる事は「代理販売」だと思っています。

2013-04-30e.jpg

国昭さんは「今度は北の旅人として帰っておいで」と声を掛けてくれます。
ボランティアとして仰々しく行くのではなくて、懐かしい友人を訪ねるように・・・・
仮設住宅の談話室でたくさんお話しましょう。笑顔でお話しましょう。そう言ってくれます。ありがたいです!とても嬉しいです!

先日、ボランティア友人のSさんに会いました。
このSさんとは石巻でもすれ違い、気仙沼でもすれ違いというなんとも惜しい存在なのです。
(一緒に行動できていないのです。残念~!)
二人でお茶を飲みながら、気仙沼へ、からくわへ一緒に行きたいねと話したところです。

はい!一緒にからくわの友人に会いに行きたいですね。

唐桑(からくわ)は元気です、頑張っています。
でも、忘れないでいたいと思っています。
これを読んでくださった皆さんにも忘れてほしくないと思います。

このブログの名前を「さん・さん・さんです。」から
「chamoのしっぽ」に変え「さん・さん・さんです。」はサブタイトルにしました。
(実はSさんの助言です)   (*^▽^*)
検索してヒットしやすいように、皆さんに見て頂きたいという願いを(?)こめて・・・・・

愛犬「chamo」のしっぽは嬉しいと元気に!哀しいと下向きに…ととても表情豊かです。

からくわのニュースが、からくわから届く風が少しでも多くのひとに届きますように。
いろいろな表情を届けられたらいいなあ~と思っています。

どうぞよろしく。

2013-04-30d.jpg
スポンサーサイト

百々ヶ峰登山

登山・アウトドア
04 /29 2013
4月28日岐阜市で一番高いと言われる山「百々ヶ峰」に行きました。
駐車場は200台可能とありましたので、気楽に出かけましたが
さすがGW!子供たちのオリエンテーリングが開かれていることもあり
満杯でした。
2013-04-28a.jpg

ようやく見つけて、管理棟で頂いたパンフレットを見ながら
登山ルートを決めていると・・・・。
岐阜山岳会で自然保護委員の方が声を掛けてくださいました。

私たちが百々ヶ峰を始めて訪れたと知ると、「一緒に行きましょうと」案内してくれました。
「ゆっくり、ゆっくりでお願いします」と念を押して、いざ!出発~。


今年初めての登山ですのでフ~フ~です。
(腹式呼吸でがんばるぞ~!と励ましながら歩きました)

頑張ったご褒美は、はい!
2013-04-28i.jpg

イワカガミの群生と
2013-04-28k.jpg

ヒカゲツツジ
2013-04-28h.jpg

そして、金華山(岐阜城)を見下ろす景色

雪を頂いた御嶽山と乗鞍岳そして白山

おまけは
山菜の“こしあぶら”と“たかのつめ”を摘んで夜のおかずに・・・(*^^*)

この百々ヶ峰は何度でも楽しめそうな山です。
一日経過して・・・
あちこち痛いです。(あははははは~)


”こしあぶら”の天婦羅は癖もなく美味しかったです(また食べたい!)
”たかのつめ”のお浸しはほろ苦かったです
ガイドさんは「春は苦いほうが美味しいよ」と言っていましたっけ・・・・。
確かに・・・・ほろ苦い春を頂きました。(*^▽^*)

日本語の・・・。

ボランティア
04 /24 2013
今日は日本語指導ボランティアに出かけました。

日本語はとても難しいです。
日本語はとても複雑です。

それでも俳句に親しんでいる友人は
とても美しい表現を私に教えてくれます。

先日の桜蕊(さくらしべ)や虎落笛(もがりぶえ)など
その場を鮮やかに思い浮かべる事ができたり
情景に味わいを加味してくれることもあります。

上手に日本語を使いこなせたら
気持ちに幅が出来て、心豊かに暮らせるのでは・・・
などと思ってしまいます。

今日の日本語指導ボラは英語交じりでスタートしました。
私の英語などとーっても怪しいのですが・・・
なんとか通じたので良しとして・・・(いいのかな?)

今日の方が日本に滞在している間、少しでも多くの単語を覚えて
少しでも、日本の人々と交流が出来ますように・・・・。
日本語指導ボランティアとして力になれるように頑張ります。

昨日、散歩でこんなものを見つけました。
2013-04-24a.jpg

春はカラスも恋の季節だったのですね。

2013-04-24b.jpg

でもね、ここは危険な場所なので撤去になると思うな・・・。

満天星 花の庭園

神社仏閣
04 /22 2013
満天星ツツジが満開のお寺があるとニュースが伝えています。
それは行かなくっちゃ!!という事で早速行って来ました。

今から1300年前に開かれたという「岐阜・だるま観音大龍寺」です。
春と秋の一時期だけの公開だそうです。
2013-04-22a.jpg

こうして見ると達磨大師坐像の大きさが分かりますね

1000本とも1200本とも言われている満天星ツツジが迎えてくれました。

2013-04-22b.jpg
きりりとした横顔を満天星つつじが和ませてくれているようです。

お庭を拝観しました。
苔と満天星ツツジが静かな時間を演出していました。
203-04-22c.jpg



秋には「山燃ゆる」と思える姿を見せてくれそうで楽しみです。

季節を食する

季節
04 /20 2013
先月は土筆をいただきました。

今月は?はい。

蕗です。

わずかな裏庭に以前いただいた蕗を植えました。
(自給自足の一歩近づくため…?)

その蕗が、日の当たらないジャリジャリの場所でもちゃぁんと育っています。

お隣さんは、裏庭をしっかりとした畑にしています。
消毒もしょっちゅうされます。
反対側のお隣さんは、畑は作っていないですが時折除草剤を使用します。

私は除草剤も消毒もなし
自然に育てて、自分で草むしりをします。

除草剤と消毒液が来る前に、蕗を摘み
早々にいただきました。

葉は苦味もなく美味しくて
茎ももちろん美味しくて
幸せを感じました。フフフン♪

これをちょっと自慢したくて、友人に言いました
「あのね蕗を食べたよ~、葉も佃煮にして美味しかったよ~」
ウキウキして言ったけれど
友人の反応は「地味ね~」でした。

「・・・・・そうかな?」

なんのなんの、次は「ユキノシタ」の天麩羅だ~!
自宅庭のアスパラだ、絹さやだ~
そうそう、頂いた「カツオ菜」も蒔かないとね。

地味でも旬のものは美味しいよ。

2013-04-20.jpg


ほそ~い蕗も見えるけれど十分美味しかったです。

緑の季節

季節
04 /17 2013
所用があり、つくば市へ行って来ました。
ロケットが象徴的なこの町は、公園がとてもきれいです。
お昼近くになると、公園のベンチにはお弁当を食べる人が集まります。
私も、おにぎりをほおばりました。

風が気持ちよくて
緑がキラキラまぶしくて
いい季節だなぁ~(シミジミ…)

tyuoupark.jpg

つくば駅前にある中央公園

matumipark.jpg


筑波大学付近の松見公園


足を伸ばして神社を訪ねてみました。
tumakijinnjya.jpg

妻木神社です。

あまり整備されていない様子ですが
杉木立が気持ちよかったです。
地元の皆さん、ここへ初詣に行かれるのかな?


帰路の新幹線の中に大切な帽子を忘れてしまいました。
気が付いたのは自宅前・・・・。
!!!!!

どうしよう!!

乗車した「のぞみ」の最終駅は博多です。
博多のJR忘れ物センターへ電話しました。

電話したころ、新幹線はまだ広島あたりとか・・・
博多に着いた後、探してもらえるという事です
あってもなくても、電話を頂けると言われて待ちました。
(とても親切な対応をしていただいて感謝です)

大切な帽子がありました!

電車好きな持ち主に変わって、博多まで行ったらしいです。(ホントカナ~~?)
今度はトラックで帰ってきます。(もちろん着払いです)

聴く事・話すこと

ボランティア・からくわ
04 /10 2013
京都へ行ってきました
この日は青春18きっぷの最終日だそうで、電車はギュウギュウでした。
電車の中で出会った、高齢のご婦人とたくさんお話できました。

一人で暮らしていると言うその80代の女性
「最近誰とも話していないので、話がしたくてしたくて・・・」こうおっしゃいます。
米原駅に着くまで30分間、ずーっと話が途切れることありませんでした。

「話をする」ことも「話を聴く」こともとても大切ですね。
話を聴くというご縁のある日なのでしょうか、
今日の私の行先は『京都傾聴塾』です。

ここで、からくわストラップを紹介させていただきました。
ボランティア活動を精力的にされている皆さんは
からくわストラップを手にして
「ひとつひとつが手作りね~、きれいに仕上がっていますね~」
「あれもこれも…目移りするね~」と声を出しながら
世界に一つのストラップを選んでくださいました。

リュックに付けた「からくわストラップ」を指さして
「電車に乗っていたら、手作りですか?と声を掛けられてね
仮設住宅で作られている物ですよって紹介できたよ」
以前の紹介時に購入してくださった方がエピソードを教えてくれました。
(心がほんわか・・・すごーく嬉しいです)
京都傾聴塾の皆さんが
東北の支援を常に考えておられたことがとても強く伝わって来ました。

ありがとうございます!

鴨川沿いの桜は散り盛り・・・
桜半分・蕊半分これはこれでとても風情があります。
京都は何をしても絵になりますね~。

kamogawa.jpg

花びらが散っているこの状態を、桜蕊(さくらしべ)と言うのですね。
(俳句をされている友人がこの言葉を教えてくれました、日本語って素敵です!)

ストラップ種類

ボランティア・からくわ
04 /03 2013
からくわストラップにはいくつか種類があります。
(呼び方は私が勝手に決めました。)

2013-04-03a.jpg

左から
シンプル・ねじり・ほし
シンプル=使ってある紐が2種類ですっきりしています。
ねじり=3種類の紐をねじってあります
ほし=紐は3種類で模様が星になっています。



2013-04-03b.jpg
キーストラップは4種類の紐の色です、色が違うと印象が変わって来ますね。



2013-04-03c.jpg

どうしても出演したいとワンコがカメラの前を離れません。
ちゃもです(茶色のちゃもです。)
どうぞよろしく。

san .i

ご訪問頂きありがとうございます。

山登りなどの自然との触れ合い。
ボランティア活動の事。
そして何気ない毎日の事をつらつらと書いています。毎日、自然体で過ごせたらいいなと願っています。

どうぞよろしくお願いします。

”ちゃものしっぽ”

嬉しい時くるくるしっぽを回し振りながら駆け寄ってきてくれた、以前飼っていた愛犬のしぐさが由来です。