クリスマス

神社仏閣
12 /24 2013
先日、岐阜のお寺さんへ行ってきました。
近くには金華山があり、見下ろされているような、守られているような、
城下町を感じさせてくれる場所にあるそのお寺さんは「舟橋願誓寺」さんです。

2013-12-24a.jpg
「舟橋願誓寺」さんは唐桑ストラップでいつもお世話になっています。
今回初めて拝観させて頂きました。

檜皮葺の建物(名前聴くの忘れました)も本当に素敵なのです。
檜皮葺は最近職人さんが少なくて葺き替えも大変だとか
改めてじっくりと見せて頂いて堪能してきました。

2013-12-24b.jpg
鐘つき堂も立派です。
ここで年末、除夜の鐘をつくのでしょうね。

お天気はどうなるでしょう
晴れても雨でも風が吹いても、何にしても寒いでしょうね~

年末はとても忙しいでしょうが、今日はクリスマス・イブです。
楽しいクリスマス・イブを過ごしておられるでしょうか?
それとも我が家のように質素で静かな夜を過ごしておられるでしょうか


ツリーではないですが

2013-12-24c.jpg
きらきら輝くススキを見ながら・・



メリークリスマス
スポンサーサイト

重要文化財保存修理現場

神社仏閣
11 /02 2013
2013-11-01a.jpg
(京都駅前も秋の装い…植木鉢がお洒落です)

秋晴れの一日に清水寺の保存修理現場を見学してきました。
2013-11-01-d.jpg
(ここへ入ります)
見学者の足場が狭いので
見学できる人数が限られるのだそうです。

希望者多数の場合は抽選です
おかげさまで当選することが出来ました。

文化財の修理現場って初めて入りました。

2013-11-01e.jpg
(現場から見る本堂です)

前回の修理は寛永10年
徳川家光公の援助で国家事業として行われたそうです。
それから380年
2013-11-01i.jpg
(次の現場へ移動します。全員ヘルメット被っています)
2013-11-01h.jpg
(光が眩しいです)

380年ですって!
380年ぶりの光は眩しいですか?
空気は美味しいですか?
そんなことを思いながら・・・・
江戸時代を想像しながら、時々タイムスリップしながら・・・
とってもゆったりとした時間を過ごせました。

2013-11-01m.jpg
2013-11-01n.jpg

遠足の小学生・修学旅行生・外国の方々…相変わらず清水さんは人がいっぱいです。

果報は寝て待て

神社仏閣
10 /22 2013
当たりました!
届きました!

京都文化財建造物保存修理現場公開2013 参加証
2013-10-22.jpg

応募者多数の場合は抽選になるとわかっていました。

先日から郵便屋さんが待ち遠しくて
バイクの音がするとすぐにポストを覗きに行っていたのですが・・・・

ついに今日、届きました。(やったー!!)

国宝 清水寺本堂ほか8棟 保存修理事業

先月の京都迎賓館に続いて当選することが出来ました!
こんなご褒美を頂けるなんて幸せ者です。

この企画があるよと教えて下さった友人に感謝!

その友人は平等院鳳凰堂を申し込んでいたのですが
くじ運がなかったようです。
私一人当選して申し訳ないです。

すいません!!


でも楽しみです~。
撮影できるといいなぁ~

秋の京都

神社仏閣
10 /15 2013
三連休の一日、京都の秋を楽しんできました。

いつもは非公開の寺院ですが、この日だけ特別公開となりました。
清水寺の塔頭の一つ、成就院さんです。
2013-10-12cc.jpg

池に映る月影が見事なため「月の庭」と言われています。
残念ながら院内すべて撮影禁止でしたが
この目で楽しむことが出来ました。

2013-10-12b.jpg
大河ドラマ「お江」でおなじみの“養源院”さんのお庭
瓦の線がとっても素敵です、ついつい撮ってしまいました。

長谷川等伯の襖絵で有名な“智積院”さん
2013-10-12f.jpg
人目の行き届かないところにも、しっかりとお手入れされていますね。
2013-10-12bb.jpg
布袋さんの襖絵。
(これは長谷川等伯作ではありませんが可愛いですね)

2013-10-12d.jpg
智積院さんのお庭はいつみても綺麗です。
2013-10-12c.jpg
(波紋は鯉がはねたものです)
2013-10-12e.jpg
亀と鯉が話し合っています。
(今日はいいお天気ですよね~と言ったとか・・・??
CSシリーズは貰った!と鯉が言ったとか・・・?)

その後京都駅方面へ歩いて行きながら
西本願寺正面にあります龍谷ミュージアム
そこで開催されている、特別展「極楽へのいざない」も観て来ました。
仏像のお顔はどれも優しくて
その中にも、私好みのお顔を見つけて喜んで・・・・
飽きることなく見つめてきました。

京都はいいですね。
歴史を感じて、安らぎを感じて・・・それでいて新しい物もちゃんと存在して
それらを楽しめた、いい一日でした。

お大師さまのおことば

神社仏閣
09 /12 2013
京都へ行って来ました。
約束まで時間があったので久しぶりに東寺へ行って来ました。

2013-09-12d.jpg
(蓮の花と五重塔)
2013-09-12e.jpg
(百日紅の花と五重塔)

講堂の大日如来さんの前で座らせて貰いました。
指の形をまねて・・・心落ちつけます。
ほっこりとしたところで
次は金堂です。
金堂の薬師如来さんの前に座ってお顔を眺めて…
日光菩薩・月光菩薩さんもじっくり眺め・・・・
時間を忘れて座っていると
不思議な感覚になって来ました。
体はここにあるのに、心は宇宙を飛んでいるような…
心の芯まで癒されてきました。


お大師さまのおことば

心暗きときは 遇う所悉く災いなり
眼明らかなれば 途に触れて皆宝なり
(心が暗いときには、出会うものすべてが災いとなり、
さとりの眼が開いて明るくなれば出会うものすべてが皆宝となる。)
さとった人の顔は必ず明るい! 
平成25年9月1日 東寺NO34

3種類あったのですが、なんとなくこれを頂いて来ました。


この日乗った新幹線は一度は乗りたかった型です。
2013-09-12a.jpg
N700A型!嬉しい~!
2013-09-12b.jpg
近鉄電車にも乗り
2013-09-12c.jpg
阪急電車にも乗り

京都の町を西へ東へ移動しながら
会えた100歳の方はとてもお元気!
90歳の方もお元気!

嬉しくなります。

最後に会った方は、障がい児さんの親御さん。
差別に心痛める親御さん、聴くことしかできない自分が情けなくなります。

お話しているうちに、お大師さまのおことばを思い出しました。

『心が暗いときには、出会うものすべてが災いとなり、
さとりの眼が開いて明るくなれば出会うものすべてが皆宝となる。』

どうか・・・・明るくなりますように。
同時に、差別のない社会が実現しますように
これは理想高すぎますか・・・

せめて差別に遭わない生活が送れますように・・・・。

san .i

ご訪問頂きありがとうございます。

山登りなどの自然との触れ合い。
ボランティア活動の事。
そして何気ない毎日の事をつらつらと書いています。毎日、自然体で過ごせたらいいなと願っています。

どうぞよろしくお願いします。

”ちゃものしっぽ”

嬉しい時くるくるしっぽを回し振りながら駆け寄ってきてくれた、以前飼っていた愛犬のしぐさが由来です。