コミュニケーション

ボランティア
07 /03 2017
今日は日本語ボランティアの活動日です。


防災士であり、日本語ボランティアの私としては、言葉が分からないで日本に住んでおられる方は何が起きても困らないようになってもらいたいと思います。



ご近所さんと笑顔でコミュニケーションとれるようになれたら災害時の不安は少なくなるはず。頑張りましょうね。

夏の笑顔は向日葵だね、つぼみが大きくなっています!
スポンサーサイト

仲間外れはいないよ

ボランティア
12 /15 2016
外国人児童サポーターの2学期が終わりました。
また来年ね。

楽しいクリスマス
楽しいお正月を少してね

教室を出ようとしたとき

2016-12-15a.jpg
2016-12-12b.jpg
みんなはね
2016-12-15c.jpg
ぼくだけ・・・・
2016-12-15d.jpg

・・・・・・仲間はずれじゃないよ
皆友達だよ。ねっ!


なかよし4人組も、少しずつ成長しています。
違いを認め合って大きくなってほしいなぁ・・・。

繋がってるね

ボランティア
12 /13 2016
今年の漢字は「忙」または「迷」
とても忙しい日々を送ってます、ブログの更新もままならないほどです。


防災に疲れて、流れるままになっているようで・・・・
これでいいのか?振出しに戻るのか?
いろいろ考えているこの頃です。

今朝、防災講座の依頼があり、ご依頼主さんと話してきました。
やっぱり「防災続けなさい」ってことかなぁ・・・・
打ち合わせから帰宅したら、気仙沼から宅配が届きました。

東日本大震災で知り合った、Kさんからです。
ボランティアに行って良かったなぁ・・・
そんなことを考えながら、頂き物を撫でる私です。
こうして、激しく落ち込んでいる時に届くなんて・・・
命を守る防災を続けなさいってことかなぁ・・・・

いつも思う、先は見えないけれど足元は見える
出来ることから始めよう・・・・
そうしたらいつか「ほらね、繋がっているね」と思える日が来るかもしれないね
2016-12-13a.jpg

グループホーム避難訓練(カラー表示)

ボランティア
10 /24 2016
グループホームの避難訓練に立ち会わせて頂きました。
防火訓練は何度もされている施設ですが、地震を想定した訓練は初めてという事です。
傾聴活動で出入りさせて頂いている「てんじゅ」さんです。

発災!
揺れが止まったら、皆さんに防災頭巾を被せ随時避難
玄関にご近所さんがいらして、入所者さんを引き渡し
ご近所さんが、車いすを押して、または手を引いて庭の広い場所へ避難。
この繰り返し
2016-10-24d.jpg
全員避難で終了(次回は電信柱やフェンスから離れたところへ集まりましょうね)
全員避難までの時間を発表

2016-10-24g.jpg
避難の時は気にならなかったわずかの段差、ホームへ戻る時に気が付きました。
施設の方には何でもないものが、ご近所さんには乗り越えられない段差でした。
訓練やってよかった!

消防署の方・社協の方・防災士の私・自治会長・民生委員・ご近所・家族
たくさんの方が参加されていました。
最後に気が付いたことをそれぞれが発表して、次回につなげる約束をして解散となりました。

私は、介護度を色で表す事を提案しました。
2016-10-24c.jpg
避難されるとき、ご近所さんにお願いするのであれば介護度を色で表せたら
車いすを自分で押したいと思う、介護度の低い方には
そのように対応できるのではないかと感じたのです。
「見やすいところに、透明の袋に色が分かるように表示する。」
これでどのように接したらよいかのヒントになるのではないかという提案です。

おおむね皆さんに快く受け入れて下さいました。
在宅の方にも、このカラー判定(ヒントはトリアージ)を取り入れて頂けたらいいなぁと思いました。

最後は防災倉庫を点検です。
防災倉庫は何かあった時すぐに使えるような収納の仕方が良いのではないかな~と感想をお伝えし帰宅しました。
これから何度も訓練を繰り返し、何かあった時、みんなで助け合って生き残りましょうね。
「てんじゅ」さんの地震避難訓練に立ち会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

再び熊本

ボランティア
09 /10 2016
9月初めに再び熊本へ行って来ました。

2016-09-10b.jpg
熊本空港はまだ痛々しい姿をしていましたが
3階の展望やレストランは営業を再開していました。

今回はバスに乗って空港から熊本市内へ向かい、熊本城からスタートです。

2016-09-10c.jpg
復元に向けて少し進んでいるようです。
そんな風景が嬉しくなりました。
熊本城はぐるっと一周5㎞だそうです、この日はとても良いお天気!
汗ダラダラで歩きました。

2016-09-10d.jpg
そこかしこに崩れた景色がありました。

お昼ご飯はお城の前の熊本市役所14階で食べました。
2016-09-10e.jpg
景色抜群!

熊本市の目立った大きな被害は、熊本城だったという事です。
熊本市内の被害を全てお城が引き受けてくださった。と市民の方が話されていました。
14階からの景色を見ると、本当にその通りだなぁと思いました。

午後は熊本市の避難所とボランティアセンターとへ行き
それぞれお話を聴かせて頂きました。
今、避難所で起きている事、
さらに発災当時どうだったのか・・・・
2016-09-10f.jpg
くまモンのガチャガチャは全額寄付になるという事です。
突然の訪問にも丁寧に対応して下さり、たくさんお話を聴かせて頂きました。
9月15日で閉鎖することが決まっていて、あわただしい中本当にありがとうございました。

2016-09-1gf.jpg
益城町を歩く予定でしたが雨がひどくて歩けません。
一路、西原村へ向かいます。

訪問したところは福祉避難所だったところが、今は避難所になっていました。
張り紙などは福祉避難所の時のものでした。
避難所も日々変化しているという事ですね。
こちらは、閉鎖は考えていないという事でした。

巡回のお二人の警察官の方にお話聞かせて頂くことが出来ました、
安全、安心な避難所、これを実現するにはいろいろな方の力が必要なのですね。
2016-09-10h.jpg
最後は、偶然見かけた動物センターです。

2016-09-10i.jpg
突然の訪問にもかかわらず、心よくお話聞かせて頂きました。
2016-09-10j.jpg
仮設住宅はペット可なのですが、吠え癖や、噛み癖などでつれて行けず、
元の家のところに置いている愛犬のためにできることを、考えておられる飼い主さんがいました。
少しでも早く一緒に暮らせる日が来るといいですね。

センターには猫がたくさんいました、おびえたような目が印象的でした。
みんな怖かったんだね。早く元に戻れるといいね。

出発の時間が来たので、空港へ向かいました。
今回のお土産はこれ
2016-09-10k.jpg
明るい気持ちにさせてくれるくまモン、くまモンはみんなのアイドルですね。

たくさんの方にお話を聴かせて頂きました。
そのお話を無駄にすることなく、防災活動の中に取り入れ、私の防災活動に生かします。
出会った皆様、本当にありがとうございました。
熊本が力強く復興しますように・・・。

san .i

ご訪問頂きありがとうございます。

山登りなどの自然との触れ合い。
ボランティア活動の事。
そして何気ない毎日の事をつらつらと書いています。毎日、自然体で過ごせたらいいなと願っています。

どうぞよろしくお願いします。

”ちゃものしっぽ”

嬉しい時くるくるしっぽを回し振りながら駆け寄ってきてくれた、以前飼っていた愛犬のしぐさが由来です。